パソコンの使い方から選び方まで パソコン総合情報サイト
快適パソコン生活術 > WEB作成 > Fireworksでネオン風の文字を作る

Fireworksでネオン風の文字を作る

Fireworksでネオン風の文字を作ってみます。

使用しているバージョンは、Fireworks 8です。

まずは、300×100のキャンバスサイズでファイルを新規作成します。(キャンバスサイズは任意でかまいません。)

キャンバスの背景色を黒に変更します。

次にキャンバスに文字を入力します。

今回は、フォントサイズは「90」、色は「FF99FF」、フォントは「Comic Sans MS」を使いました。パソコンによっては、このフォントはインストールされてないかもしれません。角ばった書体よりも、丸い感じのほうがネオンっぽいので、丸っぽいフォントをオススメします。効果をわかりやすく見るためにカーニング(文字と文字の間隔)は「10」にしました。

フォントを選択した状態で「フィルタ」から「グローとシャドウ」→「グロー」を選びます。

設定数値は、上記の値を参考にしてください。色は文字色と同じです。

最後に文字の周囲に色をつけて、引き締まった感じに仕上げます。

フチの色は「FF66FF」と、文字の色よりも少し濃い目がよいでしょう。これで終了です。

↓下記は、フォントを「Broadway」に変更してみました。(カーニングも少し詰めて「5」に変更)

↓また、色を黄色に変更したのが下です。

フォントのままでは使いにくいケースもあるかと思いますが慣れないうちは、アウトライン化するよりも微調整がききやすいと思います。また、背景色は黒でないとネオンっぽくならないのでご注意を。

Fireworksレッスンブック―Fireworks CS5/CS4/CS3対応Fireworksレッスンブック―Fireworks CS5/CS4/CS3対応
渥美 聡子

ソシム
売り上げランキング : 32891

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク

項目

項目2

リンク