パソコンの使い方から選び方まで パソコン総合情報サイト
快適パソコン生活術 > パソコンのソフト > コーデック不要でUSBメモリで持ち歩ける動画再生ソフト

コーデック不要でUSBメモリで持ち歩ける動画再生ソフト

今回は、USBメモリなどに入れて動作できる動画再生プレーヤー"PortableVLC"をご紹介

まずは下記のサイトにアクセスします。 VLC Media Player Portable | PortableApps.com 上記のページにある「Download Now」のボタンをクリック。

STEP 1

いくつかダウンロードできる場所があるのですが、 とりあえず「Japan」の欄にある「Download」をクリック。

STEP 2

しばらくすると左図のような表示が出ます。 「セキュリティ保護~」をクリックして 「ファイルのダウンロード」をクリックする。

STEP 3

しばらくするとファイルのダウンロードが表示されます。 どこかに保存してからインストールでも良いのですが 今回は面倒なので、そのまま「実行」をクリックします。

STEP 4

「実行する」をクリック。

STEP 5

インストール先をきかれます。 このまま実行すると変な場所にインストールされます。 そこで図のように右についているボタンを押します。

STEP 6

インストール先が一覧表示されます。 ここでは、とりあえずデスクトップを指定して「OK」をクリック。

STEP 7

「Extract」をクリック。

STEP 8

Portable VLCがインストールされました。 「VLCPortable」のフォルダをクリック。

STEP 9

オレンジ色のカラーコーンみたいなアイコンをクリックするとソフトが起動します。 確か1番最初の起動のときに、表示される言語を設定する画面があった気がしますが 今回の説明ページ作成時には、表示されませんでした。 (もうすでに私のパソコンには、インストールしていたからかなぁ…。)

STEP 10

このソフトは、USBメモリやSDカードに入れて持ち運びできます。 動画再生ソフトがインストールされていないパソコンに、PortableVLCを入れたUSBメモリをつないで使ってもOKです。 再生できる動画フォーマットは、MPEG-1、MPEG-2、DivX、XviD、WMVなど、ほとんど対応しています。 いやいや、かなり便利で優秀なソフトです。 文中では「Portable VLC」と書いていますが、正式には「VLC Media Player Portable」だそうです。

★関連ページ★
» 動画が再生できないのはなぜ?【コーデックについて】
» 動画ファイルの種類
» YouTubeの動画をダウンロードする
» パソコンでDVDの再生をする

スポンサーリンク

項目

項目2

リンク