パソコンの使い方から選び方まで パソコン総合情報サイト
快適パソコン生活術 > パソコンのソフト > ウイルスバスター2009 30日無償体験版をインストールする

ウイルスバスター2009 30日無償体験版をインストールする

定番のウイルス対策ソフトと言えば、トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」シリーズ。 現時点(2009年)での最新版は「ウイルスバスター2009」です。 この「ウイルスバスター2009」ですが、30日間の体験版というものが存在します。 以下にウイルスバスター2009体験版のインストール手順を紹介します。 (なお、インストール環境は、Internet Explorer6とWindows XP SP2になります。)

まずは、トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター2009」のページへアクセスします。

手順1

青い「30日無料体験版」ボタンをクリックします。

手順2

「30日無料体験版を今すぐインストール」をクリックします。

手順3

情報バーが出現する場合は、「OK」をクリックします。

手順4

「セキュリティ保護~」の文言部分をクリックし、「ファイルのダウンロード」を選択してクリックします。

手順5

「実行」をクリックします。

手順6

しばらく待ちます。

手順7

「実行する」をクリックします。

手順8

しばらく待ちます。

手順9

しばらく待ちます。

手順10

内容に問題なければ「使用許諾契約書の条項に同意します。」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

手順11

「次へ」をクリックします。

手順12

「通常のインストール(推奨)」にチェックが入っているのを確認し、「次へ」をクリックします。

手順13

しばらく待ちます。

手順14

「有効にする」をクリックします。

手順15

しばらく待ちます。

手順16

「メールアドレス」欄にメールアドレスを入力し、メール配信が不要の場合は

「メール配信の設定」項目のチェックを外して、「ウイルスバスターを有効にする」をクリックします。

手順17

「閉じる」をクリックすると完了です。

手順18

デスクトップ画面にウイルスバスターのアイコンがあるので、そこをクリックしてソフトを起動します。まずはアップデート機能を有効にするため、「有効にする」ボタンをクリックします。

手順19

しばらく待ちます。

手順20

有効化後に、ウイルスチェックのため「検索開始」をクリックします。

手順21

ウイルス感染の有無をチェックしてくれます。

手順22

ちなみに体験版をインストール後、画面右下よりポップアップ広告が表示されました。

手順23

正直「ウイルスバスターは動作が重い。」と思っていたのですが、割と軽快に動作してくれるので、 ちょっとウイルスバスターのイメージが個人的に変わりました。CMでも軽快さを強調しているだけのことはあります。 体験版をインストール後、製品版を買って、製品版のシリアルナンバーを入力すると体験版から製品版に変更になります。 光学ドライブの付属しないネットブックやネットトップと呼ばれるパソコンでも容易にインストールできますので、 これらのパソコンを持っている方は、導入するウイルス対策ソフトの有力な選択肢になるかもしれません。

なお、ウイルスバスター2009製品版は3台までのパソコンならインストールOKのようです。 複数台パソコンを所持されている方にもオススメです。 ちなみに保険やパソコンのサポート付のウイルスバスター2009も販売されています。(パッケージ版は白い箱) パソコンの使い方のような問い合わせもある程度対応してくれるそうなので、パソコンが苦手な人は

サポート付のウイルスバスター導入も良いかもしれません。

★関連ページ★
» ミニノートパソコンに無料のウイルス対策ソフト「AVG Anti-Virus 9 フリー版」を入れてみた

スポンサーリンク

項目

項目2

リンク