パソコンの使い方から選び方まで パソコン総合情報サイト
快適パソコン生活術 > パソコンの使い方 > VHSビデオテープをDVDにダビングする

VHSビデオテープをDVDにダビングする

今回は、VHSビデオテープをDVDにダビングする一般的な方法を解説します。

まずはパソコンにVHSビデオテープの中身を取り込む

VHSビデオテープはアナログデータなので、DVD化するためにはデジタルデータに変換する必要があります。 (今回は、パソコン側に映像の入力端子が備わっていない前提で解説します。) VHSビデオテープのDVD化には、テレビチューナーユニット、もしくはビデオキャプチャユニットが必要です。 テレビチューナーユニットは、パソコンにテレビを視聴・録画する機能を追加する機器です。 ビデオキャプチャユニットは、パソコンに映像/音声の入力端子を追加する機器です。 VHSビデオテープのDVD化にあたっては、ビデオキャプチャユニットがあれば事足りますが 最近はビデオキャプチャユニットの数が少ないので、今回の解説ではテレビチューナーユニットを採用します。

以下が、VHSビデオテープのDVD化にあたって必要なハードウェアです。

ビデオデッキ   AVケーブル   テレビチューナーユニット   USBケーブル   パソコン

USBケーブルは、テレビチューナーユニットに付属していると思われるので、あらためて用意する必要性は薄いでしょう。

高画質を求めるならハードウェアエンコードのチューナーを

テレビチューナーユニットを大きく2つに分類すると、ハードウェアエンコード型と ソフトウェアエンコード型に分類できます。詳しい説明は省きますが、高画質な映像を求めるならば テレビチューナーユニットは、ハードウェアエンコード型が望ましいと言えます。

テレビ録画機能付きのパソコンならば、別に機器は用意しなくてもOK(のはず)

手持ちのパソコンに、テレビ録画機能が付いている場合は、前述のテレビチューナーユニットは不必要です。 ただし、パソコン側に映像/音声の入力端子が付いていない場合は、ビデオデッキと接続できないので必要です。 この場合は、ビデオキャプチャユニットを用意するといいでしょう。

DVDプレーヤーで再生できるようにするためには、DVD作成ソフトが必要

テレビチューナーユニットには、テレビ録画ソフトも付属しています。 録画ソフトのチャンネルをビデオに合わせて、ビデオデッキの再生と同時に、ソフト側の録画ボタンを押せば VHSビデオテープのアナログデータを、パソコン側にデジタルデータとして取り込むことができます。

ただし、この取り込んだデータをそのままDVDに焼き付けたとしても、DVDプレーヤーでは再生できません。 DVDプレーヤーでも、読み取れる形式にする必要があります。

映像データを、DVDプレーヤーでも再生可能な形式に加工するソフトを、「DVDオーサリングソフト」と言います。 おそらくテレビチューナーユニットを購入すると、このDVDオーサリングソフトも付属しているか 映像編集ソフトの機能の一部として、DVDオーサリング機能が付属していると思います。 付いていない場合は、別途DVDオーサリングソフトが必要になります。

DVDプレーヤーでなくて、取り込んだ映像データをパソコン上だけで再生できればいいのであれば 別にDVDオーサリングソフトを用意する必要はありません。

その他の注意点

ちなみに、コピーガードのかかったVHSテープは、まともな映像として録画できない可能性があります。 また、ハードディスクの空き容量にも注意が必要です。 保存する画質にもよりますが、VHS映像をデジタルデータ化するとファイルサイズが大きくなる傾向があります。

大量のVHSテープのDVD化が必要な場合は、そういった機能の付いたDVDレコーダーを使ったり、 VHSテープからDVD化してくれるサービスを実施している業者に頼むという方法もあります。

例:250GB HDD搭載ハイビジョンDVDレコーダーVHSビデオ一体型

» 250GB HDD搭載ハイビジョンDVDレコーダーVHSビデオ一体型

スポンサーリンク

項目

項目2

リンク