パソコンの使い方から選び方まで パソコン総合情報サイト
快適パソコン生活術 > パソコンの使い方 > パソコンでテレビを視聴する

パソコンでテレビを視聴する

パソコンでテレビを視聴するには、パソコンにテレビ視聴機能が付いている必要があります。 テレビ視聴機能が付いてないパソコンでも、テレビチューナーという 部品を追加するとテレビを視聴できるようになります。 今回はパソコン用のテレビチューナーについて解説します。

1.外付けのテレビチューナーを使う

1番無難な方法。パソコン側にUSBが付いていれば、ほとんどのパソコンでテレビの視聴・録画ができます。 (テレビチューナーによっては、IEEE1394という端子でパソコンとつなぐ場合もあります。)

外付けのメリットは、プリンタなどの周辺機器と同じく、パソコンを買い換えてもUSB接続なので 簡単に新しいパソコンと接続できる点にあります。デメリットは置くスペースがいること。

ただし、テレビチューナーのほとんどは、家庭のテレビと同じくアンテナ線と接続しないといけません。 必然的に設置する場所は限られた場所になるはずなので、置くスペースはそこまでデメリットにならないかも。

「ソフトウェアエンコード」と書かれているタイプは、一般に低価格ですが、そこまで性能は高くありません。 「ハードウェアエンコード」と書かれているタイプは、価格は高いのですが、その分性能は高いです。

2.内蔵のテレビチューナーを使う

デスクトップのパソコン限定ですが、テレビチューナーを内蔵する手段もあります。 ただパソコンの中を開けないといけませんので、なかなか手軽な方法とはいえません。

4.ワンセグチューナーを使う

ワンセグの番組を視聴する場合は、ワンセグチューナーが必要です。 ワンセグ自体、そこまで画質なども高くないので、お手軽なUSBスティックタイプの機器が数多く販売されています。 ノートパソコンの中には、最初からワンセグチューナーが内蔵されているモデルすらあります。

視聴だけなら低価格モデル、録画がメインなら高価格モデルがおすすめ

パソコン用テレビチューナーを購入する場合、テレビを見るだけの視聴メインであれば 1万円以下のテレビチューナーでも事足ります。 録画がメインの用途であれば、1万5千円以上の高価格モデルがおすすめです。 画質良く録画できる機能が、低価格モデルよりも充実しています。

地上デジタル放送対応のテレビチューナーは少ない

まだまだパソコン用の地上デジタル放送対応のテレビチューナーは、数が少なく価格も高めです。 地デジに完全移行は、2011年なので、そこまでのつなぎと割り切って現状のテレビチューナーを 購入する必要があるかもしれません。(地デジ移行の頃には、もっと良い製品もでるでしょうし…。)

【追記】
現在(2010年1月時点)では、市販されているテレビチューナーは、ほぼ地デジ対応となっています。

スポンサーリンク

項目

項目2

リンク