パソコンの使い方から選び方まで パソコン総合情報サイト
快適パソコン生活術 > パソコンの使い方 > 光学ドライブの見分け方

光学ドライブの見分け方

パソコンの使い方ではないですが、パソコンの光学ドライブが「DVDの再生ができるのか?」 「CD-Rの書き込みができるのか?」をドライブの外見で見分ける方法を解説したいと思います。 ドライブの種類は数あれど、ドライブの正面のロゴに注目です。

ドライブのロゴ

ドライブの呼称

書き込み可能なメディア

解説

CD-ROM CD-ROMドライブ なし

この辺はまだ平和な時代でした。 等倍速→2倍速→4倍速とだんだん 速度が上がって一喜一憂。

CD-R/RW CR-R/RWドライブ CD-RもしくはCD-RW

えっ?ついにCDに書き込みができる? という画期的な事態に。 この時代は、書込みに失敗した CDがたくさん出現。 discの文字の下の「ReWritable」と 書かれているのがポイント。

DVD-ROM CD-ROM
DVD-ROMドライブ なし

DVDの登場。DVD再生ドライブと CD-R/CD-RWドライブの2基を備えた パソコンは一種の憧れ。

DVD-ROM CD-R/RW
CD-RW/DVD-ROMドライブ (通称:コンボドライブ) CD-RもしくはCD-RW

とうとうDVD再生とCDの書込みが 1つのドライブでできる時代に。 1台2役なのでコンボドライブという名称に。

DVD-R/RW DVD-R/RWドライブ CD-RもしくはCD-RW DVD-RもしくはDVD-RW

DVD書込み可能な時代に突入。 DVDの文字の下に「R/RW」と 書かれているのがポイント。※以降のドライブにはのロゴが 付いていますが省略させて頂きます。

DVD+R/RW DVD+R/RWドライブ CD-RもしくはCD-RW DVD+RもしくはDVD+RW

「DVDプラス」という規格が登場。 それ以降「DVD-R/RW」の「-」を 区別をつけるために 「マイナス」と呼ぶようになる。

DVD-RAM DVD-RAMドライブ CD-RもしくはCD-RW DVD-RAM

DVD-RAM「ディーブイディーラム」。 書込み可能なDVDメディアとしては 実は登場が速かった。 (※時代別で、いろんな種類があり) DVDの文字の下に「RAM」と 書かれているのがポイント。

DVDマルチ DVDマルチドライブ CD-RもしくはCD-RW DVD-RもしくはDVD-RW DVD-RAM

DVDのマイナスとRAMが1つのドライブで 対応できるようになった。

DVD-R/RW DVD+R/RW
DVD±R/RWドライブ CD-RもしくはCD-RW DVD-RもしくはDVD-RW DVD+RもしくはDVD+RW

DVDのプラスとマイナスが1つのドライブで 対応できるようになった。 名づけてDVDプラスマイナスドライブ。

DVDマルチ DVD+R/RW
DVDマルチプラス CD-RもしくはCD-RW DVD-RもしくはDVD-RW DVD-RAM DVD+RもしくはDVD+RW

もうプラスもマイナスもRAMも全部。 このドライブが登場して1番安心したのは パソコン初心者でなく、パソコン売っている お店の販売員だったりする。

DVD+R/RW DL DVD+R/RW DLドライブ CD-RもしくはCD-RW DVD+RもしくはDVD+RW DVD+R DL

DLは「デュアルレイヤー」の略。 DVDプラスの切り札「2層式」のこと。 1枚のDVDを2層にして、容量を増やしている。 カタログに「2層式対応」と書いてあると DVD+R DLに対応している。

DVD-R/RW DLドライブ CD-RもしくはCD-RW DVD-RもしくはDVD-RW DVD-R DL

プラスに遅れてマイナスも デュアルレイヤーが登場。 DVDの文字の下に「R DL」と 書かれているのがポイント。

ロゴが微妙に違うデザインだったりしますので、ご注意ください。 また、ロゴが並んで付いている場合や、離れて表示されていることもあります。 今後、HD DVDやブルーレイディスクが登場することを考えると、ますます複雑化しそうです。 中古のパソコンの品定めをするときや、友人のパソコンを見るときに活用すると面白いかもしれません。

ちなみに私の持っているノートパソコンの光学ドライブを見てみると…。

光学ドライブ

↑ こうなっています。

この場合、このロゴを見ただけで
「CDの再生、CD-RとCD-RWの書き込みが可能。
DVDの再生、DVD+RとDVD+RW、DVD-RとDVD+RWの書き込みが可能。」と判別できます。

スポンサーリンク

項目

項目2

リンク