パソコンの使い方から選び方まで パソコン総合情報サイト
快適パソコン生活術 > パソコンの選び方 > 動画編集用途で比較 デル vs. マウスコンピュータ

動画編集用途で比較 デル vs. マウスコンピュータ

※このページは、2007年に作成されました。内容が古くなっているのはご容赦ください。

今回は、趣向を変えて、より具体的にパソコンの選び方を考えます。 テーマは「動画編集用途でパソコンを買う場合」です。 今回、その動画編集をメインに購入を考えまして、デルとマウスコンピュータの2社を比較します。 結論を言うと、動画編集用途でパソコン購入を考えるとデルに軍配が上がりました。 以下に、長文ですが詳細を。

動画編集に必要なパソコンの条件

今回想定する「動画編集」とは、ホームビデオ(デジタルビデオカメラ)で撮影した運動会などの動画を パソコンに取り込んで編集し、DVDにその動画を書き込むといった作業を指すことにします。 まずは、私見ですが上記の動画編集用に必要なパソコンの条件を挙げます。

必須条件

・CPUパワーが優れていること
・IEEE1394端子が付いていること
・光学ドライブがDVD書き込み可能であること
・メモリ容量が豊富なこと

の4つです。また、できればあった方がよいものとして

・なるべく画面サイズの大きい液晶モニタが付属している
・ハードディスク容量に余裕があること
・SDカードスロットなどが付いている
・(将来的に)モニタが2つ接続できること

の4つを挙げておきます。

なお、ノートパソコンよりもCPUパワーの高いデスクトップパソコンを中心に なるべく価格が安くなるように選定していくことにします。

CPUの性能は高くないとダメ

CPU(シーピーユー)やメモリの働きについては、下記ページもご参照ください。
パソコン内部の主な働き

CPUの性能が高くないと、動画編集時間が異常にかかることになります。 最悪の場合、作業中にパソコンが動かなくなるケースもありえます。 現状だと、インテル社製の「Core 2 Duo」というCPUが高性能です。 快適に動画編集を行うためにも、「Core 2 Duo」搭載モデルを選びたいです。

IEEE1394端子は必要

IEEE1394(アイ・トリプル・イー・いちさんきゅうよん)というのは パソコンとデジタルビデオカメラを接続するケーブル端子の規格のことです。 これがないと、デジタルビデオカメラで撮った映像は、パソコンに移せません。

IEEE1394自体には、旧規格と新規格があるのですが、今回は無視しても支障ありません。 端子の形状も「4ピン」と「6ピン」の2種類ありますが、どちらであっても構いません。 IEEE1394ケーブルには、「4ピン - 4ピン」「6ピン - 6ピン」「6ピン - 4ピン」がありますから ケーブルの取り回しに難航するケースは、そうそうないと思われます。 (しかし、パソコン側のIEEE1394は、デジタルビデオカメラに電源供給できる「6ピン」が望ましいかも)

最近のデジタルビデオカメラは、USB(2.0)で接続できるタイプもあると思いますが 過去に流通しているデジタルビデオカメラのほとんどは、IEEE1394で接続するタイプです。 事前に、手持ちのデジタルビデオカメラの接続規格を確かめることをオススメします。

光学ドライブは、DVD書き込み型

言うまでもなく、編集した動画をDVDに出力したりするには、書き込み型DVDドライブが必須です。 ただし、書き込み型DVDドライブは、プリンタのように外付けタイプもあるので 万が一、買ったパソコンがDVD書き込みに対応していなくても、フォローする手段はあります。

メモリ容量は多い方が良い

これも快適な作業のために必要です。 OSがWindows XPなら、最低メモリは512MB以上。 Windows Vistaなら 、最低でも1GB以上のメモリ容量が望ましいです。

その他の要素は…

その他に、できればあった方がよいモノとして 大きな液晶モニタがあれば、単純に編集作業が楽になります。 SDカードが挿し込めるのであれば、SDカードに記録できるデジタルビデオカメラを 使うのに便利かなと判断しました。デジカメで撮ったムービーなども転送しやすいので。 動画データ保存には、ハードディスク容量が大きいに越したことはありません。 モニタが2台接続できることを挙げたのも、編集作業の快適さを考えて。 ただし、これらは必ずしも必須条件ではありません。

デルで検討する

上記の条件を踏まえて、パソコンメーカーはデルを検討してみます。

デルは、パソコンの内容を選べるので、無駄な機能を付けることなく買い物できます。

Inspiron 530が候補

高性能ですが、高価格なXPSシリーズは、今回の「なるべく低価格」に反するので除外します。 そうなると、現状(2007年7月)では、デスクトップのInspiron(インスパイロン)シリーズ

・Inspiron 530
・Inspiron 530s
・Inspiron 531
・Inspiron 531s

の4種類が候補になります。

このうちIEEE1394端子が付属できないInspiron 530sとInspiron 531sは脱落です。

残るは、AMD社製CPU搭載モデルのInspiron 531とインテル社製CPU搭載モデルのInspiron 530の2つ。 今回、CPU性能が高いパソコンを選びたいので、インテル製CPU「Core 2 Duo」が搭載できるモデルの Inspiron 530を軸にカスタマイズし(構成を考え)たいと思います。

Inspiron 530をカスタマイズする

Inspiron 530の1番低価格なパッケージから構成を考えます。

OS

OSは、標準でWindows Vista Home Premium。これで特に問題ないでしょう。

CPU

CPUは、Core 2 Duoなので問題ないです。

モニタ

19インチのワイド液晶が標準構成でした。これは良いですね。

メモリ

2GBもあれば充分です。

ハードディスクドライブ

標準で、320GBのハードディスク容量です。 これで充分なのですが、少し金額は上がりますが、160GBのハードディスク2台構成に。 1台のハードディスクを動画編集専用にすると、パソコンの使い勝手が向上します。

光学ドライブ

DVD-R、DVD+Rの書き込みができるので問題なしです。

IEEE1394

IEEE1394は付けます。

ビデオコントローラ

ビデオコントローラは、今回はなしを選択。 将来的に2台の液晶モニタ接続を考える場合は、GeForce 8300 GSを付けると良いでしょう。 (それ以外のビデオカードでも、2台の液晶モニタ接続は可能です。)

3.5インチベイ

SDカードを直接挿し込みたいので、13メディア対応カードリーダーを付けます。

あとは、全て標準状態で構成を組んでいます。 上記の構成で、価格は12万円弱でした。 オンラインクーポンなどを使うと、更に割引になる可能性があります。 (※オンラインクーポンの適用条件による)

2次キャッシュ4MBのCore 2 Duoに、19インチワイド液晶、1GB×2の2GBメモリが付いて この値段だったら正直お買い得だと思います。

これをベースに、予算がある方は、ハードディスク構成をグレードアップしたり 何かパーツやソフト、保証を加えたりとアレンジすると良いと思います。

※上記価格例は、キャンペーン時期などにより変動の場合がありますので、ご了承ください。

マウスコンピュータの場合

次はマウスコンピュータをみてみます。 Core 2 DuoやIEEE1394搭載可能なことを考慮して、モデルは Lm-i330X-PL9W1を選択。 OSは、デルと同じくWindows Vista Home Premiumで、19インチワイド液晶モデルで比較。

3.5インチベイ

6メディア対応カードリーダーを選択します。 色は本体の色に合わせて。シルバーかブラックが選べます。 デルは、13メディア対応なので幅広いのですが、価格が高い。 なかなかマウスコンピューターは、良心的な価格設定に思います。

CPU

CPUの選択の幅が広いのは良いポイント。 ここではデルと比較するため、同じくCore 2 Duo E6600を選択します。

メモリ

同じく2GBのメモリ。 容量は同じ2GBですが、デルは「デュアルチャネル」メモリなので、性能はデルが上。 普段の作業には違いはないでしょうが、動画編集だとデュアルチャネルメモリが威力を発揮しそうです。

ハードディスクドライブ

標準の80GBでは物足りません。ここでは、デルと同じく320GBを選択。 ただし、マウスコンピュータは1台のハードディスクしか選べません。 選択の幅広さでは、デルに軍配が上がります。

ビデオコントローラ

将来的に、2台の液晶モニタを接続する予定であれば 「デュアルモニタ対応」と書かれているものを選択しましょう。

光学ドライブ

これは文句なくマウスコンピュータに軍配。 DVD-RAMの書き込みにも対応しています。

IEEE1394

IEEE1394は付けましょう。

上記以外の構成は、何も手を加えていません。 これで構成例の価格は約13万円弱です。

マウスコンピュータの方が、光学ドライブは上なものの、ハードディスク構成や メモリの構成は、デルに見劣りします。価格も上記の比較においては、デルがお買い得です。 ただし、CPUの性能を下げて、もう少し価格を抑えるなどの場合は、マウスコンピュータでしょう。

※上記価格例は、キャンペーン時期などにより変動の場合がありますので、ご了承ください。

今回、比較検討したメーカー

» デル
» マウスコンピューター

パソコン用途別 パソコンの選び方一覧

» メールやインターネットをメインに使う。
» デジカメを主に使う。
» 1台のパソコンで、2台のモニタを接続する。
» パソコンのモニタの選び方1 【解像度について】
» 書き込み型DVDドライブの選び方1 【速度について】
» 動画編集用途で比較 デル vs. マウスコンピュータ

スポンサーリンク

項目

項目2

リンク