パソコンの使い方から選び方まで パソコン総合情報サイト
快適パソコン生活術 > パソコンの選び方 > 1台のパソコンで、2台のモニタを接続する

1台のパソコンで、2台のモニタを接続して使う

1台のパソコンで2台のモニタを接続して使うことをデュアルモニタと呼びます。 このデュアルモニタを使うには、パソコン側とモニタ側で条件が一致しないといけません。

デュアルモニタは、ビデオカードが重要

デュアルモニタに必要なパソコン本体の条件に、ビデオカードの性能があります。 ビデオカードが、2台のモニタを出力できるかが重要です。 (※ビデオカードについての解説は、ビデオカードって何?を参考にされて下さい。)

パソコンとモニタの接続は、デジタル接続とアナログ接続の2種類

現在、パソコンとモニタを接続する規格は、大きく2種類に分けられます。 1つは、アナログ接続という方式。もう1つは、デジタル接続という方式です。

D-SUB15

アナログ接続

一般的なパソコンは、このアナログ接続だと思われます。 左図は、代表的なアナログ接続端子のD-sub15pin(ディーサブ15ピン)
DVI-I

デジタル接続

今後、主流になると思われるのがデジタル接続。 左図は、デジタル接続端子のDVI-I(ディーブイアイ・アイ) デジタル接続には、他にもDVI-Dなどもあります。

安価なビデオカードを搭載しているデスクトップパソコンは、だいたいD-sub15pinが1つしかついていません。 (最近のノートパソコンは、プロジェクタとつなぐことも考えてか、D-sub15pinがついていることが多いです。) 2台のモニタを接続する場合、端子が2つ付いているパソコン(ビデオカード)でないと、物理的にデュアルモニタにできません。

デュアルモニタを写真で解説

アナログ端子とデジタル端子

まずは、パソコンと液晶モニタを接続する端子を確認します。 この写真のパソコンは、アナログ接続の端子とデジタル接続の端子が付いています。ですからデュアルモニタにするために…

・アナログ接続できる液晶モニタ
・デジタル接続できる液晶モニタ

の2つを用意しないといけません。

デュアルモニタの設定

2台の液晶モニタとパソコンの接続が終わったら、液晶モニタの電源を入れます。 デスクトップ画面のどこかで右クリックし、「プロパティ」を選択して『画面のプロパティ』を呼び出します。 ビデオカードの種類によっては、デュアルモニタの設定画面は微妙に違うと思いますので、設定方法は省略します。 ↑上の設定画面の画像を参考にしながら、いろいろといじってみてください。

デュアルモニタ

設定が完了すると、デュアルモニタの完成です。

上の画像は、エクセルの画面をおもいっきり横に引き伸ばしてみた様子です。 もちろん左のモニタでエクセルを表示して、右のモニタはワードを表示するなど それぞれ別々のソフトを表示させて使うこともできます。 というのも、デュアルモニタといっても、パソコン的には1つの画面を取り扱っているにすぎません。

デュアルモニタのイメージ図

↑このように、1つのモニタの左右半分を、2台のモニタで担当して表示するのがデュアルモニタの仕組みです。

パソコン用途別 パソコンの選び方一覧

» メールやインターネットをメインに使う。
» デジカメを主に使う。
» 1台のパソコンで、2台のモニタを接続する。
» パソコンのモニタの選び方1 【解像度について】
» 書き込み型DVDドライブの選び方1 【速度について】
» 動画編集用途で比較 デル vs. マウスコンピュータ

項目

項目2

サイト内検索

リンク