パソコンの使い方から選び方まで パソコン総合情報サイト
快適パソコン生活術 > パソコンの仕組み > DirectXとは?

DirectXとは?

DirectXとは、画像や音声、ネットワークなど、主にゲームに関する高速で高度な処理を どんな機種でもできるようにした、Microsoft開発のソフトウェアのことです。

ちなみに読み方は、「ダイレクトエックス」。 他にも「ディレクトエックス」や「ディレクティクス」と呼ぶ場合もあります。

DirectXとは、通訳のようなもの

通常、Windows用のゲームは、「画面を表示したい」とDirectXに頼み込み、 DirectXは、ビデオカードのドライバに「こんな風に画面を表示してください。」と通訳してくれます。 DirectXが登場する以前は、この通訳がいなかったために、ゲームによって通訳がまちまちな惨状でした。

DirectXには、バージョンが存在

2006年現在の最新バージョンは、DirectX 9.0c。 独断と偏見で、DirectXのバージョンをおおざっぱに例えると…

DirectX 7 → スーパーファミコンくらいの描画レベル。
DirectX 8 → プレイステーションくらいの描画レベル。
DirectX 9 → プレステ2くらいの描画レベル。

といった感じなので、バージョンが上がれば表現できる能力が上がります。

プレステ2のゲームソフトを、スーパーファミコンで動かすには無理があります。 同じように、パソコンの能力がDirectX 7相当なのに、DirectX 9相当のゲームを動かすには無理があります。

悩ましいDirectXとビデオカードの関係

DirectXへの対応にも段階があり、対応している機能はビデオカードによってもまちまちだったりします。 この辺が、ビデオカード選びの悩ましいポイントです。購入前には事前に確認しておきましょう。


アナログとデジタルの違い
拡張子とは?
Windows XPのHome EditionとProfessionalの違い
ベンチマークとは?
DirectXとは?

スポンサーリンク

項目

項目2

リンク