パソコンの使い方から選び方まで パソコン総合情報サイト
快適パソコン生活術 > パソコンの仕組み > Windows XPのHome EditionとProfessionalの違い

Windows XPのHome EditionとProfessionalの違い

Windows XPのHome EditionとProfessionalの違いについて簡単に解説します。 Windows XPには、大きくHome EditionとProfessionalというものがありますが、どう違うのでしょうか。

一番わかりやすいのは、保証期間の違い

Windows XPは、Professionalの方が保証(サポート)期間が長いです。やはり業務用的な性格の強いのでしょうか。 詳しい内容は、マイクロソフトのプロダクト サポート ライフサイクル - 製品一覧でご確認ください。

Windows製品のサポート期間は、状況によって変動する場合が多いので、ご注意を…。

意外に多い機能的な違い

Windows XPのHome EditionとProfessionalは、機能的な違いも結構あります。 以下に簡単にまとめると…。

リモートデスクトップ機能

Windows XP Professional は、ネットワークを通じてコンピュータを遠隔操作する 『リモートデスクトップ』機能を利用することが可能。 Windows XP Home Edition では、遠隔操作する側 (クライアント) としてのみ 『リモートデスクトップ』機能を利用することができ、遠隔操作される側 (サーバー) として利用は不可。

マルチプロセッサ対応

Windows XP Professionalは、2つまでのマルチプロセッサシステムをサポート。 Windows XP Home Editionでは、2つ以上の CPU を搭載したコンピュータもシングルプロセッサとして動作。

ドメインで構築されたネットワークへのログオン

Windows XP Professionalは、NTドメインや Active Directory によるリソース管理を行うことができます。 Windows XP Home Editionでは、ワークグループ レベルでの参加、管理のみ行うことが可能。

ファイルとフォルダの暗号化、アクセス制限

Windows XP Professional は、ファイルの暗号化や、複数ユーザによる ファイルのアクセス管理機能を利用することができます。 Windows XP Home Edition では、アクセス管理機能を利用は不可。

オンラインフォルダの使用

Windows XP Professionalは、サーバーから切断された時にも、ネットワーク共有上のファイルと フォルダにアクセスできる『オフラインフォルダ』を利用することが可能。 Windows XP Home Editionでは、『オフラインフォルダ』の利用は不可。

詳しくは、マイクロソフトのWindows XPの機能比較をご参照ください。

遠隔操作系を使いこなそうと思ったら、Professionalが有利かもしれません。


アナログとデジタルの違い
拡張子とは?
Windows XPのHome EditionとProfessionalの違い
ベンチマークとは?
DirectXとは?

スポンサーリンク

項目

項目2

リンク