パソコンの使い方から選び方まで パソコン総合情報サイト
快適パソコン生活術 > パソコンの仕組み > そもそもパソコンとは何か?

そもそもパソコンとは何か?

そもそもパソコンとは何か? この疑問に対して答えはさまざまあると思います。 当サイト(快適!パソコン生活術)では、パソコンの定義を以下とします。

パソコンとは、いろいろなファイルを取り扱う機械

ファイルという言葉を、もう少しわかりやすく「データ(情報)」と置き換えると

パソコンとは、いろいろなデータ(情報)を取り扱う機械

と言えると考えます。

例えば、パソコンで音楽を聴く場合を考えてみましょう。 パソコンで音楽を聴くということは、「音声ファイル(音楽のデータ)をパソコンで再生する」ということです。 音声ファイル(音楽のデータ)を再生するためには、再生するためのの音声ファイルが必要なのはもちろん パソコン側に音声ファイルを再生する機能がないといけません。

具体的には

・音声ファイルを再生するソフト(Windows Media Playerなどのソフトウェア)
・再生された音声を出力する装置(サウンドカードやスピーカー)

などです。
これらが、パソコンで音楽を聴くために必要な条件になります。

パソコンで、音楽を再生したり、写真を表示したり、動画鑑賞をしたり、文章を書いたりできるのは それぞれパソコン上で、音声ファイル、画像ファイル、動画ファイル、文章ファイルなどの ファイル(データ)を扱うことができるからなのです。 こういった意味で、パソコンとは「いろいろなファイルを取り扱う機械」と定義できると思います。

逆に言うと、自分が使いたいファイル(データ)について理解を深めると、パソコンに対する理解は深くなります。 そのファイルを快適に扱うには、どういった条件や装備が必要なのかが見えてくるからです。 ファイルについては、後ほど詳しく解説したいと思いますが、この章では主にパソコンの構造的な 部分について、触れていくことにします。


そもそもパソコンとは何か?
パソコンの外観
パソコンの分類
パソコンの内部
パソコンの内部の主な働き
CPU
ハードディスクドライブ

スポンサーリンク

項目

項目2

リンク