パソコンの使い方から選び方まで パソコン総合情報サイト
快適パソコン生活術 > パソコンの仕組み > ワープロソフト - 文書作成ソフト

ワープロソフト - 文書作成ソフト

ワープロ、ワードプロセッサーという言葉は、もはや死語となってしまいました。 つい十数年か前までは、特に仕事場においては、文書作成といえばワープロでした。 昔は、ワープロでテスト用紙を作成する先生がいたりしましたが、今の教育現場では おそらく、ワープロでなくパソコンでテスト作成が行われていることでしょう。

文書作成ソフトの代表格は、マイクロソフトの「ワード」

パソコン上で文章を書いたり編集したりするためのソフトを、ワープロソフトや文書作成ソフトと呼びます。 この文書作成ソフトで最も有名なソフトが、マイクロソフト社の「Word(ワード)」です。

昔の日本国内では、文書作成ソフトといえば、ジャストシステム社の「一太郎(いちたろう)」が 最も普及していたソフトなのですが、マイクロソフトの台頭と共に、ワードに駆逐された感があります。 (とはいえ、「一太郎」は、いまだに熱狂的な支持者が多いソフトでもあります。)

文書作成ソフトに必要なパソコンの性能

文書作成ソフトを動作させるために、特別に高いパソコンの性能は要求されません。 ただし、当たり前ですが、作った文書を印刷するためには、プリンターが必要になります。


アプリケーションソフトとは?
ソフトウェアとハードウェア
ワープロソフト - 文書作成ソフト
表計算ソフト
ブラウザ - インターネット閲覧ソフト
メーラー - メール利用には必須のソフト
ハガキ作成ソフト

スポンサーリンク

項目

項目2

リンク