ソフトの最近のブログ記事

ソース元:ASCII24
シマンテック、個人向け統合セキュリティーサービス“ノートン 360”を提供開始

>(株)シマンテックは6日、ウイルス対策/スパイウェア対策/侵入対策/フィッシング対策/
>ファイルのバックアップ/パソコンのメンテナンスなどが行なえる個人向け統合セキュリティーサービス
>“ノートン 360”の提供を同日付けで開始すると発表した。
>同サービスはパソコンにインストールするソフトウェアと、データ更新/オンラインストレージなどを
>含むオンラインサービスの組み合わせによって提供される。
>ソフトウェアはダウンロード形式およびパッケージで同日から販売を行ない
>(パッケージ版の販売は23日から)、価格は8190円から。

これ1つで、いちおうセキュリティ関係は事足りるというようなソフトです。
面白いのは、バックアップ用に2GBのオンラインストレージ、いわゆるネット上で
デジタルデータが保管できる倉庫が付いてきます。(期間は1年間)

ところで記事中で

>写真やそれ以外のファイル、個人情報などユーザーが持つデジタルコンテンツの量が
>爆発的に増えているにもかかわらず、多くのユーザーがやり方が分からない・
>作業が面倒などの理由からバックアップを行なっていないこと」の3つを挙げた。

とあるのですが、データのバックアップの重要性は、実際にデータを失った経験がないと
なかなか理解できないかもしれません。

あとは、その人の性格に起因する。
リスクに対する認識が甘い人だと、バックアップの重要性はできません。

精度がどの程度かはわかりませんが、便利そうなソフトです。

ソース元:asahi.com
すぐ入れるお店検索 NECがグルメ検索携帯ソフト開発

>NECは、検索した時間帯や利用者の場所から
>すぐに入店できる飲食店を探し出せるグルメ検索ソフトを開発した。
>利用者の位置を特定する携帯電話の機能を活用し、
>07年度にも携帯端末向けに検索サービスを手がける企業に発売する。

これって、いろいろと応用が利きそうですね。
位置情報から、空車の駐車場を探したりとか。

はてなブックマークより

ITmedia +D LifeStyle:ネットから長文が消えたいくつかの理由

>このようなウインドウに対して長文を入力するのは、辛いものがある。
>なぜならば長文を書くということは、とりもなおさず自分で書いたものを
>何度も読み直して、推敲するということに他ならない。
>だが文章全体の見通しが利かない狭いウインドウで、しかも行間が
>ぎっしり詰まっているのでは、とても長文を入力しようという気にはならない。

私の場合、基本的に文章を書くときは、テキストエディタを使います。
短い文章であれば、フォームにそのまま入力することもあるのですが
このblogの文章も、テキストエディタで下書きを行っています。

あくまでも推測の領域を出ないのですが、ある程度の文章量を書く場合、
たいていの人はテキストエディタを使っているのではないでしょうか。

>途中でテンポラリ的に保存できないのも辛い。
>うっかりブラウザで「戻る」をやってしまい、「次へ」で元のページに戻ったら
>入力中の文章がクリアされていた日には、ひっくり返すちゃぶ台を探しに
>骨董通りにでも出かけてやろうかと思うほどである。

この危険性もテキストエディタで容易に回避できます。
テキストエディタに限らず、ExcelでもPhotoshopでもDreamweaverでも
常に「Ctrl + S(上書き保存)」を怠らないのが、パソコン作業の鉄則です。

ちなみにテキストエディタがWindows付属のメモ帳の場合、
「F5」キーを押すと、日時の挿入ができます。

↓こんな感じ。
0:06 2007/02/06

1つのファイルに、複数日のblog記事を下書きする場合に便利です。

私の場合、テキストエディタはTeraPadを使っています。
TeraPadで日付挿入をする場合は、拡張ツールが必要です。
「TpBPlus」というツールで、日付の挿入ができます。

Tategoto is here - TeraPad ファミリー一覧

今日からWindows Vistaが発売されました。
東京では、いろいろと家電量販店でイベントがあったようです。

ソース元:ASCII24
有楽町ビックにて“Windows Vista”&“2007 Office System”発売カウントダウンイベントを開催

大阪の梅田は、Vista発売イベントなのにガラガラらしい。

GIGAZINE - WindowsVistaの発売日ですが、梅田ヨドバシには誰もいません

梅田でこの状態ならば、他の地域は推して知るべしですね。

また、OSとオフィスソフトだけでなく、地味にセキュリティソフトも販売開始です。

ソース元:RBB Today
マイクロソフト、ウイルス対策とPCメンテを提供する統合ソフト「Windows Live OneCare」

>マイクロソフトは、ウイルスやスパイウェアの統合スキャン、
>ファイルバックアップ機能を提供する統合ソフト「Windows Live OneCare」を1月30日に発売する。
>価格はパッケージ版が6,825円、オンラインダウンロード版が5,775円。
>なお、価格には1ライセンスで3台まで、1年間利用できる権利が含まれている。
>対応OSはWindows XP(SP2)/Vista。ただし、いずれも32ビット版にのみ対応となる。

Windows Live OneCareは、以前から評価版は存在していました。
Windows Live OneCareのページをのぞくと、90日間の無料試用版は、まだダウンロード可能でした。

Windows Live OneCare - ホーム

Fireworksのテクニックいろいろ

画像作成ソフトのFireworksのテクニックが載っています。

jmblog.jp - Web2.0っぽいグラデーションのコツ

私も画像作成には、Fireworksを使っているので参考になります。

どうやらヤフーオークション向けのブラウザが登場するようです。

ソース元:IT PLUS
ルナスケープ、ヤフオク向けブラウザーを開発

>閲覧ソフト(ブラウザー)開発のルナスケープ
>(東京、近藤秀和最高経営責任者、03・3505・6285)は、
>国内最大のネット競売サービス「ヤフーオークション」向けのブラウザーを開発した。
>15日から無料でダウンロード提供を始める。
>ルナスケープはアクセス(接続)数の多い大規模サイトに提供することで
>ブラウザーの新規利用者を増やし、広告収入に結びつける狙い。

具体的には、どう便利なのかというと…。

>オークションで商品を落札するために利用する「ウォッチリスト」や
>商品の閲覧履歴をブラウザー上に常時表示できるようにした。
>他のサイトを閲覧していても、気になる商品の価格動向などを確認でき、
>利便性を高めたことが特徴だ。

>これまで金額の変動などを確認するには、出品ページにその都度アクセスしていた。
>同ブラウザーを利用すれば、手間が省けるようになる。

との事。

ヤフーオークションの利用頻度の高い人には便利かもしれません。
今後、こういったサービスなどと提携したブラウザが派生しそうですね。

Lunascape for Yahoo!オークション

Yahoo!BB利用者であることなどの制限はありますが
2007年3月まで、100タイトル以上のソフトウェアが
無償で利用できるキャンペーンがあります。

BBソフト

詳しくは、上記サイトを参照ください。

Adobe Reader 8の無償提供開始

PDFファイルの閲覧ソフトAdobe Readerの最新版がリリースされたようです。

ソース元:IT media
アドビ、Adobe Reader 8の無償提供を開始

ダウンロードは下記からどうぞ。

Adobe Reader 8.0Adobe Reader Windows XP SP2 日本語

2006年11月10日に、マイクロソフト製の
スパイウェア対策ソフト日本語版がリリースされました。

ソース元:INTERNET Watch
マイクロソフト、スパイウェア対策ソフト「Windows Defender」日本語正式版

>マイクロソフトは10日、スパイウェア対策ソフト
>「Windows Defender」日本語版の正式版を公開した。
>対応OSはWindows XPおよびWindows Server 2003で、
>64ビット版OSにも対応。また、次期OS「Windows Vista」にも標準で搭載される。
>Microsoftのサイトから無償でダウンロードでき、
>Windows Defenderに関しての問い合わせができる
>無料のサポートインシデント2回分が付いている。

ということで、実際に導入する手順は下記を参考にされて下さい。

マイクロソフト製スパイウェア対策ソフトWindows Defender

家人からDVDのコピーを頼まれました。
友人から借りたDVDらしいのですが、そのうち2枚が
CRC(巡回冗長検査)エラーが出て複製できませんでした。

CRCの最後のCは、Checkの略。
CRCとは、そのデータが正しいかどうかをチェックするということで、
データのある部分とある部分を比較し、その結果が合っていれば
そのデータは正常と判断する仕組みのことです。

なぜそのDVDにCRCエラーが出たのかはわかりません。
安いDVDにデータを書き込んだせいなのか
データを書き込む途中に何らかの不具合があったのか…。

とにかく「エラーが出たので複製は無理。」と言っても家人は納得しない様子。
こうなるとCRCエラーが出てもコピーする方法を探さないといけません。
そこで探すと、こんなページが。

CRCエラーでも無理矢理コピーするフリーソフト「CD Recover」

海外のフリーウェアソフトで、CRCエラーのデータもバックアップできるようです。

詳しくは、解説ページを作ろうと思いますが
データのエラーが起こっている部分をスキップして、読み込めるデータだけ取り出せます。

私のこの場合、DVDのエラーを起こすファイルを
パソコンの任意の場所に、CD Recoverを使ってコピーを実施。
その後、そのデータをDVDにコピーするという手順で見事に複製できました。

ただし、きちんとエラー部分が読み込めるかどうかの検証はまだしていません。
多分正常に認識するのは無理とは思いますが、応急的に複製する場合にはよいでしょう。