書評:クチコミの技術

予約していた「クチコミの技術」が昨日届きました。

個人的な感想として、本書のタイトルは「クチコミの技術」ではなく
「クチコミの原則」や「クチコミの鉄則」の方が、本書の内容に近い気がします。
なぜなら、クチコミを起こすことについてテクニカルな記述はありません。

「クチコミの技術」は、主にブログを用いたマーケティング指南書と言えます。
ネット上ので発生したクチコミの事例を具体的に列挙した上で
その発生のメカニズムを、時系列に分析しています。

ヒゲソリ、アニメ、映画、パソコン、デジカメ、美術の展覧会などなど
この辺りの事例の豊富さは、かなり参考になるのではないでしょうか。

また、その分析の視点も、著作者自身がブログの第一人者であるゆえに
この事例でクチコミが発生した要因について、説得力のある解説になっています。

ブログについては

・ブログを毎日書き続けること

これが1番重要な要素になります。
冒頭で、技術でも何でもなく、原則や鉄則といった理由はコレです。

ただし「なぜブログを更新続けるのか?」といった理由やメリットについて
本書では、いろいろと言及しています。
これが、ブログを更新し続ける動機付けになるかもしれません。

1つ例を挙げると、同じ業種の企業で、一方がブログなし、一方がブログを更新し続けた場合
ブログを更新し続けた企業は、コンテンツ量の充実が図れます。
これが検索エンジンに有利に働き、あるキーワードで検索をした場合
検索結果の上位に表示される確率が高まって、自社のアピールにつながりやすくなります。

本書は他にも

・なぜブログが重要なのか
・クチコミを発生させるコツ(要素)
・炎上の起こる背景
・ブログの評価・自己分析の手法

など、ブログ界の第一線で活躍する人物ならではの内容になっています。

個人的に、自サイトを評価・分析する方法は、既知の情報であったので
その部分は、復習といった感じですが、全体的に読みやすく納得できる内容でした。

これが新書だったら、もっと満足度は高いのですが、
1500円分以上の価値は、充分にあると感じました。

クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング
コグレ マサト いしたに まさき
日経BP社 (2007/03/29)
売り上げランキング: 148

ウェブページ