2006年6月アーカイブ

Google Checkout登場

このサービス、日本ではグーグルよりもヤフー利用が多いので
もし日本語版サービスが開始されたとしても、普及するかは疑問視されそうです。

ソース元:INTERNET Watch
米Google、サイト横断的決済サービス「Google Checkout」提供開始

>米Googleは29日、インターネットショッピングを便利にすることを目的とした
>決済サービス「Google Checkout」正式版を発表した。
>これは一部報道で「GBuy」と呼ばれていたサービスだ。このサービスは
>オークション最大手の米eBayが保有する決済サービスPayPalと直接競合するだけでなく、
>米Amazon.comなどの大手ネットショッピングサイトとも競合してくる可能性がある。

個人的な感想を述べると、日本でこのサービスが開始される場合
意外に普及するのではないかと考えます。
その理由の前に、グーグルチェックアウトのサービス内容とは…。

>Google CheckoutはGoogleアカウントと連動しており、1つのユーザー名とパスワードで
>クレジットカード番号、住所、氏名などの買い物に必要な情報を管理する。
>何か買い物ををしたい場合にGoogleで検索を行なうと、Google AdWords広告が表示されるが、
>Google Checkoutが利用できる店舗にはその横に小さな緑色のショッピングカートのアイコンが表示される。
>その店舗でGoogle Checkoutを使って買い物する時には単にGoogleアカウントの
>ログイン情報を入力するだけでよい。店舗ごとにユーザー名とパスワード、あるいは住所、氏名、
>クレジットカード番号などを入力する手間が大幅に省けることになる。

>その上、異なる店舗でネットショッピングする場合にもGoogle Checkoutが
>すべての決済情報を管理しているため、どこで何を購入したかを一覧することができ、
>別々の請求書に悩まされる必要もなくなる。Googleという巨大なショッピングモールで買い物をする感覚だ。

>Google Checkoutはクレジットカード詐欺を防ぐための措置を講じているほか、
>買い物する時にメールアドレスを店舗側に通知するかどうかを選べる。
>それによって店舗側からの広告メールや、さらには店舗から情報が漏洩して
>たくさんの迷惑メールに悩まされるという問題を避けることができる。

私が便利だと思うポイントは

1.買物の際、めんどうな入力作業(住所入力など)が省略できる。
2.購入履歴の参照が容易。
3.購入した店舗側に、メールアドレスの情報が渡らない。

の3点です。

日本におけるグーグル利用者は、ネットに対する知識が高い場合が多いです。
この層の特性が、日本語版サービスが登場した際の、普及の鍵になりそうです。

この層の特性とは…。

・店舗側にメールアドレスが知られるのを嫌う。
・グーグルのサービスについて、おおむね好意的。
・ずばり楽天を好ましく思っていない。

などなど、こういった特性があると独断ですが考えています。
それに、このグーグルチェックアウトはAPIが提供されるのも大きい。

>より高度な機能を利用した独自のアプリケーションを構築したい場合には
>「Google CheckoutAPI」が提供されており、これを使って独自アプリケーションを構築できる。

API(エーピーアイ)というのを、おもいっきり簡単に説明すると
「誰かの作った便利なプログラムやサービスを、自分流に使用するための決め事(ルール)のこと」です。

グーグルチェックアウトの例をとると、自分でオンラインショッピングの決済機能を開発することは
手間もコストも時間もかかることになります。しかし、グーグルチェックアウトのAPIを利用すれば
その手間もコストも時間も短縮できて、自分流にアレンジできたオンラインショッピングの決済機能を作ることができます。

個人的には、このグーグルチェックアウトによって、ネット間のフリーマーケット市場が広がる気がします。

なかなか興味深いニュースです。

ソース元:INTERNET Watch
ヤフーがジャパンネット銀行に258億円出資、11月から新決済サービス

>ヤフー、ジャパンネット銀行、三井住友銀行の3社は29日、
>インターネット金融事業において業務・資本提携を締結した。
>今回の提携は、3月30日に締結した「提携に関する合意」に基づいたもの。

具体的なサービス内容は…。

>今回の業務提携によりヤフーとジャパンネット銀行は、2006年11月をめどに
>Yahoo! JAPAN IDとジャパンネット銀行の口座を連携した新たな決済サービスを開始する。
>具体的には、Yahoo!オークションの落札者が出品者に商品代金を振り込む際、
>ジャパンネット銀行の口座間であれば、Yahoo! JAPAN IDを指定するだけ送金できるというもの。
>両社は今後も、新たなサービス・商品を共同で開発するとしている。

割とこのネット企業と銀行の提携は、取り上げているテーマでもありますが
さてさて、ライバルの楽天はどうでるのでしょうか。

参考:
2006年3月30日 - ヤフーがジャパンネット銀行と提携
2006年3月10日 - ヤフーの銀行戦略の意図
2006年2月26日 - したたかなヤフーの銀行戦略
2006年2月24日 - ヤフーがあおぞら銀と提携解消

訴訟社会アメリカの恐ろしさが垣間見えます。

ソース元:IT media
HDDの「ホントの容量」めぐる訴訟で和解成立

>HDDの容量が公表値より少ないとして約100万人から提訴されていた訴訟で、
>Western Digitalはソフトを配布することで和解をとりつけた。
>このトラブルは、容量表記に2つの基準があることに起因している。

この問題は、数値の解釈の違いによるもので、具体的な説明は下記の記事によると

>ほとんどのPCで使われるOSのメーカーであるMicrosoftとApple Computerは、
>キロ(K)バイト、メガ(M)バイト、ギガ(G)バイトといったバイト数のカウントを
>二進法に基づいて行っているが、Western DigitalをはじめほとんどのHDDメーカーは、
>より一般的な十進法に基づいてバイト数をカウントしている。

原告の言い分は…。

>Western Digitalに対する集団訴訟では、原告は、同社の80GバイトHDDの実際の容量は、
>74.4Gバイトだったと訴えていた。この7%分の不足がなければ、購入者はさらに80時間分の
>デジタル音楽や、5600枚のデジタル写真を保存できたはずだと原告は主張した。

これを言い出すと、DVDの容量やフラッシュメモリの容量なども問題になるかもしれません。

重さ8kgを超える重量級ノートPC

ついに重さ8kgを超える重量級ノートパソコンが日本でも発売開始に。

ソース元:PC Watch
デル、20.1型ワイド液晶搭載ノート「XPS M2010」を発売

>デル株式会社は、5月31日に発表した20.1型ワイド液晶搭載ノート「XPS M2010」の販売を開始した。
>価格はベーシック価格構成で399,850円より。

>同社のハイエンドセグメントを受け持つ、XPSシリーズのエンタテイメントノートPC。
>1,680×1,050ドット表示(WSXGA+)対応20.1型液晶を搭載し、重量8.31kg、
>本体サイズ約470×405.6×75.3mmと重量級のノートPCになっている。
>BTOに対応し、CPU/メモリ/HDD/OSなどを変更可能。

もはやオシャレなデスクトップパソコンという感じです。
ノートパソコンは、完全に携帯型と据え置き型に2極化してきていますね。

アップルがはじめて17インチ液晶のノートパソコンを発売したときも衝撃的でしたが
今回のデルの"20インチ液晶"ノートパソコンというのも、インパクトありますね。

GIGAZINEで知ったのですが、オンラインで画像編集できるサイトがあるそうです。
ちょうどこの手のサービスを探していたので、非常に幸運でした。

GIGAZINE - オンラインで画像を編集できる「Snipshot」

Snipshotという名前のようです。
海外のサイトですが重宝しそうですね。
ちょっとした加工であれば、これで充分かも。

より機能が充実すると、PhotoShopなどの画像編集ソフトの王座も危うい。
今後はこういったオンラインサービスが発展しそうですね。

中国のネット人口は…

昨日、中国ネタを書きました。
ふと「中国のネット人口って何人?」と思い検索すると…。

ソース元:japan.internet.com
中国のネットユーザー1億1,100万人、過半数が BB 接続

>毎年1月と7月に「中国インターネット発展状況統計報告」を発表している
>中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)が、
>2005年12月31日までを対象とした第17回報告を発表。
>中国のインターネットユーザーに関する全面的な統計データをまとめた。

>それによると、中国のインターネットユーザーは前年比1,700万人増の1億1,100万人。

この記事によると、なんと1億1100万人!
現時点では、この統計が最新の数値です。

共産圏の発表するデータには、いささか懐疑の目も向けるべきですが
やはり大陸のボリュームは圧倒的です。

このボリュームを考えると、そりゃグーグルもヤフーもマイクロソフトも
中国市場に注力するのは自然の理ですね…。

Googleと中国

これは、グーグルの中国撤退の布石でしょうか。それとも…。

ソース元:IT PLUS
米グーグル、中国検索大手「百度」株を売却

>米グーグルは全発行済み株式の約2%を保有していた中国のインターネット検索最大手、
>百度(バイドゥ・ドット・コム)の株式を売却した。
>米メディアによると、5月25日に市場で売り、売却額は6300万ドルだった。

昔からアメリカの議会でも、中国のネット検閲について危惧する声があります。

ちなみに中国の検閲の怖さは、以下の画像検索を比べると実感できます。
「天安門(tiananmen)」というキーワードで、イメージ検索をしてみると…。

Google.cn (中国のグーグル)の検索結果
Google.com(米国のグーグル)の検索結果
(参考ページ:GIGAZINE-Google.cnで検閲される単語リスト

グーグル社のユニークなモットーに

「悪事を働かなくても金儲けはできる。」

というものがあります。(Google の理念

少々青臭い感じのフレーズですが、このモットーには多くの支持者がいます。

しかしながら、ネット検閲に協力する様は、このモットーに反していると
多くのグーグル愛好者から非難・落胆の声が挙がっています。

企業倫理と商業主義のはざまで、グーグルの標榜する「インターネットの民主主義」はどこに向かうのでしょうか。

USBのぞき見防止フード?

はてなブックマークを見ていたら、面白いページを発見。

USBのぞき見防止フード - Engadget Japanese

なるほど。確かにこれならのぞき見防止ができます。
最近のモニタは性能が上がって、視野角も広くなってきていますし、
ツヤツヤの表面加工などのモニタもあって、これなら蛍光灯などの映りこみも解消されます。

これは便利かもしれま………。

Yahoo!トピックスの設置

トップページにYahoo!トピックスを設置しました。
PHPを使っています。コードは以下の通り。

<?php
if ($fp = @fopen("http://www.yahoo.co.jp/", "r")) {
while (!feof($fp)) $data .= mb_convert_encoding(fgets($fp, 1024), "SJIS", "auto");
fclose($fp);
}
$match_all = preg_match_all("%<a href=\".+?http://dailynews.yahoo.co.jp/(.+?)\">(.+?)</a>%is", $data, $item);
echo "<ul>\n";
for ($i=0; $i< $match_all; $i++) {
$url = "http://dailynews.yahoo.co.jp/". $item[1][$i];
$title = $item[2][$i];
$title = strip_tags($title);
if ($url == "http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/"){ break; }
else{ echo "<li><a href=\"". htmlspecialchars($url) ."\" target=\""._blank."\">". htmlspecialchars($title) ."</a></li>\n"; }
}
echo "</ul>\n";
?>

これを「○○.php」として保存。
phpの動作するサーバーにアップして、iframeタグにてトップページに参照しています。

You Tubeの動画貼付実験

すみません。ちょっと実験。

You Tubeの動画を貼り付けてみました。
映像はファジー・ゼラーさんというゴルファーのホールインワン映像です。

まぁ、ちょっとマンガのようなホールインワン。
コースの傾斜と強烈なボールスピンのたまものでしょうか。

「仏の顔も三度まで」といいますが、なるほど。

ソース元:IT media
ネット取引のトラブル、我慢できるのは3回まで

>オンラインバンキングやショッピングサイトでWebアプリケーションがうまく機能しなければ、
>ユーザーにそっぽを向かれてしまう――。
>企業の通信ソリューション採用を支援しているEmpirixが、こんな調査結果を発表した。

うまく機能しないというか、操作性の悪い仕組みもイライラしますね。

>英国のインターネットユーザー2000人を対象に実施した調査では、
>91%が銀行やショッピングサイトで3回試しても買い物や取引が
>うまくいかなかった場合、そのサイトの利用をやめると回答。
>取引を続けるためにその会社にわざわざ電話すると答えたのは1%のみだった。

英国のデータなので、日本だともう少し我慢するかもしれません。
あと日本人は電話好きなので、電話をかける人間が1%というのはありえなそう。

>ネットで不快な経験をした場合、約3分の1に当たる36%が、
>もうその会社とのネット取引は利用しないと回答。
>不快な経験が原因で、オンライン、オフラインとも特定の会社の利用を
>打ち切ったことがあるというユーザーも20%に上った。

これは日英で違いはなさそうです。
不快な体験をすると、利用を避けるのは自然な感情ですからね。
このデータ、他の国々ではどうなんでしょうか。

Yahoo!の偽サイト

Yahoo!の偽サイトとのこと。みなさん気をつけましょう。

ソース元:livedoorニュース
Yahoo! JAPANの偽サイトが確認される

>NO!PHISHING.JPによると、同サイトの閲覧者からの報告によりYahoo! JAPANの偽サイトが確認された。
>表示内容はYahoo! JAPANと同一だが、上部にタブがあるなど詳細が異なっている。
>URLは「http://wnan.livecheck.org/」となっており、IPアドレスは「203.216.227.176」。
>IPアドレスの割当国は日本で、ホスト名は「f1.top.vip.tnz.yahoo.co.jp」だという。

http://wnan.livecheck.org/を検索すると
シマンテックのページを発見できました。

Symantec Security Response - Backdoor.Daserf

ウイルス対策ソフトの定義更新はお忘れなく

デジタル化の波は止まりません。

ソース元:IT PLUS
地上デジタル、2015年までに移行──欧州や中東など100カ国

>国際電気通信連合(ITU)が16日開いた地域無線通信会議で、欧州、中東、アフリカの
>約100カ国が2015年までに現在のアナログ放送から地上デジタル放送に移行する条約に署名した。
>アジアや米州を含めて地上放送のデジタル化が世界に広がり、
>インターネットなど通信と放送との融合を進める基盤が完成する見通しになった。

2015年のネット事情って、どうなっているのでしょうか。
このころには、テレビはネットに駆逐されているかもしれません。

GyaO視聴登録者が1000万人に

1000万人とはすごい。おそらく1人で重複して登録している人も多いのでしょうが…。

ソース元:IT PLUS
無料動画配信の「ギャオ」、視聴登録者が1000万人に

>有線放送大手のUSENが運営する無料動画配信サービス
>「GyaO(ギャオ)」の視聴登録者が16日、1000万人に達した。
>映画やアニメなど常時1500番組をそろえ、昨年4月のサービス開始以降着実に登録者を増やしてきた。
>ただ、収入源の広告獲得が遅れるなど、黒字化への課題は多い。

GyaOの番組って、録画できると面白いと思います。
そして録画した番組を再生する場合は、必ずネットに接続しなければいけない条件にする。

テレビ録画の場合、一緒に録画されたCMというのは、時間経過と共に企業にとっては価値が薄くなります。
仮に消費者が、そのCMの商品をほしいと思っても、もう販売されていない可能性もあるからです。

ただ、上記の提案例のようにGyaOの番組を録画再生する場合、ネット接続を条件にすると
技術的に最新のCMが配信可能なので、企業にとっても価値があると考えます。
この辺りは多分、GyaOも狙っていると思いますけど…。

確かFAX機能付きの複合プリンタって、4・5万位する気がします。
それが2万円弱で販売されるのなら、安いと感じます。

ソース元:PC Watch
日本HP、19,950円のA4インクジェット複合機

>日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ビジネス向けA4インクジェット複合機
>「HP Officejet 6310 All-in-One」を6月16日より発売する。

>同社の直販サイト「HP Directplus」専用モデルで、直販価格は19,950円。
>対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP、Mac OS X 10.2.8以降。

なかなか、にくい価格設定です。

>プリンタ/スキャナ/コピー/FAX機能を備えた、ADF搭載A4インクジェット複合機。
>スキャナで読み込んだ原稿のPDF化にも対応する。
>前モデルからの強化点として、インターフェイスにEthernetが追加され、
>ネットワーク上で各機能が使用できるようになった。

ネットワークということは、共有プリンタとして使用可能。
ビジネス向けのプリンタですが、家族でも使えるプリンタとして売れそう。
ちなみに"ADF"というのは、自動で原稿を送る装置のこと。

>新たにCF/SDカード/MMC/メモリースティック(PRO)/xD-Picture Card用スロットを搭載し、
>ダイレクトプリントに対応。スロットに挿入したメモリカードや、同機のUSBポートに接続した
>USBメモリなどを、設定することなく共有ドライブとして利用できる。

もはやダイレクト印刷というのは、プリンタの必須機能のようになってますね。

写真で見る限り、なかなか高級感のある色使いとデザイン。
これ、量販店でも販売しませんかね。実物が見てみたいです。

SOTEC、周辺機器事業に参入

この作戦はうまくいくのでしょうか。

ソース元:PC Watch
ソーテック、周辺機器事業に参入

どうせなら、ソーテック製MP3プレーヤーなど、人気のある製品から始めた方が
認知度が上がりそうな気がします。

国旗iPodケース

iPodって、こういったアクセサリ類もオシャレなものが多いような…。

ソース元:IT media
“国旗iPodケース”でW杯優勝国を予想

ただ、イングランドと日本のデザインの違いがほとんどない…

電子マネーのお話。

ソース元:PC Watch
インテル/ビットワレット/マイクロソフト、FeliCaの普及を目指す共同プロジェクト

いちおうEdyのカードを持っているのですが、田舎に住んでいるので
使ったことがないなぁ。通販はクレジットカードで事足りますし。

D&Dオンライン

今日知ったのですが、ダンジョンズ&ドラゴンズのオンラインゲームがあるらしい。
そしてクローズド ベータテストのテスターを募集中。

ダンジョンズ&ドラゴンズ オンライン ストームリーチ公式サイト

オンラインゲームには興味が全く無かったのですが、これはちょっと食指が動きかねません。
小中学生の時に、狂ったようにはまったテーブルトークゲームのオンライン版なので。
(でも思い出は、美しいままにしておきたい願望もありますね…。)

落し物検索、ネットで可能に

これは便利かも。

ソース元:IT PLUS
落し物検索、ネットで可能に・改正遺失物法が成立

>落とし物の保管期間を従来の6カ月から3カ月に短縮、
>傘やハンカチなど安価な日用品は公告から2週間で売却できる。

環境保護という観点からは、傘やハンカチなどの遺失物は速やかに
リサイクル(というよりリユースか)するほうが有益ですね。

6月のMS月例パッチは12件

恒例のマイクロソフトの月例パッチですが、今回は12件。

ソース元:INTERNET Watch
マイクロソフト、6月の月例パッチはOfficeの脆弱性修正を含む12件

多いなぁ。

日本ハムがネット中継開始

これでパリーグ球団でネット中継が無いのは、西武とオリックスだけに。

ソース元:nikkannsports.com
日本ハムが主催試合をインターネット中継

>日本ハムは今季の主催試合(レギュラーシーズン26試合)が
>インターネットで無料配信されることを9日、発表した。試合中継は16日の広島戦から開始。
>ソフトバンク傘下のTVバンクが提供する動画コンテンツポータル「Yahoo!動画」を通じて配信される。

良い傾向です。ネット中継だと試合終了まで放映する場合がほとんどなので助かります。
もっと追随する球団が増えるといいですね…。

ブラックベリーが日本にも

おお!ついにブラックベリーが日本にも…。

ソース元:IT media
ドコモが「BlackBerry」端末を調達、秋にも提供へ

>NTTドコモは6月8日、Research In Motion(RIM)のモバイル端末
>「BlackBerry」を調達すると発表した。
>法人ユーザーを対象に、2006年秋頃の導入に向けて検討を進める。

いつ日本に登場するのかと思いきや、今秋ですか。
きっとナンバーポータビリティを意識しているのでしょうね。

簡単に説明すると、ブラックベリーは、アメリカで人気の携帯端末です。
人気の秘密は…。

1.バッテリーの持ちがいいこと。
2.パソコンのメールのやり取りが可能。チャットも可能だったりする。
3.携帯のボタンよりもキー入力が楽。
4.社内グループウェアと連携し、スケジュール管理やアドレス帳などと同期が可能。

などなど。

今後のドコモの展開が楽しみです。そしてソフトバンクの動向も。

グーグル、英国出版界と対立

何かと敵の多いグーグルです。

ソース元:CNET Japan
グーグル、書籍のデジタル化をめぐり英国出版界と対立

>米国および英国の図書館が所蔵する書物をスキャンしてデジタル化し、
>検索できるようにするプログラムで物議をかもしたGoogleが、再び出版業界と衝突している。

個人的に、このサービスは有益に思いますが、出版業界にとっては脅威なのでしょうか。
未来を考えるなら、今のうちにグーグルと手を組むのも良策のような気が…。

Google凄い。
これ、マイクロソフトの反撃がどうなるんでしょうか。

ソース元:IT media
[WSJ] Google、Webベース表計算ソフトリリースへ

>米Google は6月6日(米国時間)、Webベースの表計算アプリケーションをリリースする予定だ。

要するに、インターネットに接続する環境さえあれば
どのパソコンからでも、エクセルのような表計算ソフトが使えるようになるということです。

現在、表計算ソフトといえば、事実上マイクロソフトのエクセルが標準となっており
個人や法人を問わずに、膨大な利用者がいて、マイクロソフトの大きな収入源になっています。
今回のGoogleのサービスは、マイクロソフトにとって脅威以外の何ものでもないでしょう。

Infoseekマルチ翻訳が欧州5カ国の和訳に対応開始したようです。
フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語を和訳できます。

Infoseekマルチ翻訳

アップル、PCも巻き返し

旧来からのマックファンの胸中は複雑でしょう…。

ソース元:Sankei Web
アップル、PCも巻き返し 独自路線を変更

>携帯音楽プレーヤー「iPod」の世界的な大ヒットで業績を伸ばす米アップルコンピュータが、
>本業のパソコン事業で改革を打ち出している。パソコンの心臓部にあたるMPU(超小型演算処理装置)を
>インテル製へ切り替えたほか、基本ソフト(OS)についても、米マイクロソフト製OS「ウィンドウズ」に対応させた。
>相次ぐ独自路線の変更が注目を集めている。

最新パソコン用語集

サイトのコンテンツに最新パソコン用語集を追加しました。
とりあえず「スカイプ」「MP3プレーヤー」「You Tube」「SNS」の4語を収録しています。

駐車違反の反則金、ネット払い

昨日から路上駐車の取締りが強化されましたが、その関連なのでしょうか。

ソース元:IT PLUS
駐車違反の反則金、ネット払いを――イーバンク銀と埼玉県

>イーバンク銀行は6月1日から、埼玉県と提携し、同県内で駐車違反をした場合の反則金納付を取り扱う。
>インターネット専業銀行で反則金を払えるようにするのは初めて。
>パソコンや携帯電話を使って支払いを簡単にし、収納率を高めたい自治体の需要を吸収する。
>今後、提携する自治体を拡大していく。

便利な世の中になっていきますね。

インターネット落語界

最近は、iPodで落語を聴く人も増えているそうで
こういった日本の古典芸能が広がることは良いことですね。

ソース元:Web BCN
落語協会など、落語の無料動画配信サイト「インターネット落語会」スタート

>落語協会(三遊亭圓歌会長)と落語デジタル番組管理LLP、
>air impress(萩原和彦社長)は共同で、落語の無料インターネット動画配信サービス
>「インターネット落語会」を「インプレスTV」上で6月1日に開始した。

インターネット落語界