2006年2月アーカイブ

電子マネー

電子マネーの利用が増えているそうです。

ソース元:IT PLUS
電子マネー利用、急拡大――「エディ」「スイカ」1年で2.3倍

「電子マネーって使いたい?」という質問を周囲に投げかけると
『いや、やっぱり現金だよ。』という答えが多く、
特にクレジットカードの非所持者ほど、現金派が多かったです。

ここからは推測の話です。
昔は貨幣というと、銀貨や銅貨など硬貨が中心でした。
しかし、硬貨だと大量に持ち運ぶには、重量が重たくて不便だし
経済が発展するにつれ、取引に使う額も大きくなって不都合が生じてきたのでしょう。

『額面を大きくして、簡単に持ち運べる貨幣を作ろう。』

こういうニーズから持ち運びに便利な紙、つまり紙幣が誕生したのではないでしょうか。

しかしながら、紙幣誕生の頃には、
『紙なんて危ない。破れたり燃えたり、濡れて使い物にならなくなったりする。
やっぱり硬貨が1番だよ。このずっしりとした重さがいいんだよ。』
…という人も、さぞ多かったことでしょう。

ただ現代では、『紙幣は危ない。硬貨だけ利用しよう。』という人は少ないです。
これは、紙幣が便利だからという理由だけでなく、今までの実績と信頼を勝ち取っているからこそ
多くの人々が紙幣を使っているのだと考えます。

つまり、電子マネーの普及は、「便利さ」だけでなく
「信用」をどのように構築していくかが鍵になりそうです。
(もちろん、使える環境の整備も重要ですが…。)

ちなみに個人的には、決済手段が増えることには賛成なので、
冒頭の質問には、「使ってみたい。」と答えます。

3Dlabsが撤退

ちょっとショッキングなニュース。マニアックなパーツの話で恐縮ですが…。

ソース元:PC Watch
3Dlabs、プロフェッショナル3Dグラフィックス事業から撤退

特にCGデザイナーの方々はショックでしょう。

>Creative Technologyは24日(現地時間)、同社子会社の3Dlabsを
>プロフェッショナルワークステーショングラフィックス事業から撤退させると発表した。

>撤退の理由としてCreativeは、市場の縮小を挙げており、今後3Dlabsは、
>ビデオ/オーディオ/3Dグラフィックス機能を搭載する
>ハンドヘルドデバイス向けのメディアプロセッサの開発へ転換を図る。
>これに伴い、3Dlabsでは100人規模のレイオフが実施される。

>3Dlabsは、「Wildcat」シリーズなど
>ワークステーション向けのOpenGLアクセラレータを開発していた。

このWildcatというのが非常に高価なグラフィックカードなのです。
1枚30万円とか、そのような値段なので、けっこう憧れのパーツでした。
このビデオカード1枚で、下手するとパソコンが4・5台くらい買えますから。

やっぱりNVIDIAのQuadroや、ATIのFireGLが圧倒的なシェアなんでしょうね。

したたかなヤフーの銀行戦略

あおぞら銀行との提携解消の水面下で、こういった動きもあったのでしょうか。

ソース元:asahi.com
ヤフーとジャパンネット銀が資本提携へ

>ポータル(玄関)サイト運営最大手のヤフーが、
>三井住友銀行系のインターネット専業銀行ジャパンネット銀行(東京)との
>資本提携を検討していることが24日、明らかになった。

>ネット銀行を巡っては、楽天が東京都民銀行と、
>SBIホールディングスが住友信託銀行と提携して新規参入する動きが相次いでいる。
>国内ネット最大手と大手銀行グループとの提携はライバルにとって脅威となりそうだ。

ジャパンネット銀行の格付けが、S&Pやムーディーズなどの有名な格付け会社になかったので
(※発見できなかったという表現が正しいかもしれません。)
日本格付研究所2006年2月7日現在のデータを参照してみました。

すると…

危機管理を考える

デジタルデータの便利さは、逆にリスクとなることもあります。
それだけに取扱いの注意には、人への教育と保護するシステムの両輪が必要です。
最近多発する個人情報の流出には憤りを感じます。

ソース元:Impress Watch
東京地裁の書記官が競売情報持ち出し、149人の個人情報がWinny流出
NTT東西、フレッツユーザー約1,400件分の顧客情報がWinny流出
海上自衛隊の「秘」情報がWinnyで流出、防衛庁が調査を開始
刑務所職員によるWinny漏洩、4施設3,380人分の被収容者情報の流出が判明
ゴンゾロッソオンライン、「Master of Epic」の個人情報1,373名分を流出

ヤフーがあおぞら銀と提携解消

ちょっと注目していた提携だけに残念な結果に。

ソース元:NIKKEI NET
ヤフーとあおぞら銀、ネット銀計画を解消・路線に違い

>ポータル(玄関)サイト運営最大手のヤフーとあおぞら銀行は23日、今春の営業開始に向けて
>準備してきたインターネットバンキングの共同事業契約を解消したと発表した。
>業務内容や開始時期などを巡り、考えが一致しなかったという。
>ヤフーは保有しているあおぞら信託銀行の株式を手放す方針だ。

>ヤフーとあおぞらが共同事業で合意したのは昨年4月。
>ネット上の各種サービス料金の支払い、買い物、オークションなどの
>少額決済サービスを展開する計画だった。

かつてlivedoorとイーバンク銀行も提携→解消という流れでした。
やはり銀行業と、ネット上のポータル業を運営する会社では、
企業文化から意思決定の速度など、大きな隔たりがあるんでしょうか。

Yahooのポイントを換金できるようなシステムを作ったりすると、
かなり面白いことになったんじゃないかと思います。

さて次の提携先には、どこに白羽の矢が立つのか見物です。

iTunes 10憶曲突破

なんでもiTunes Music Storeのダウンロード購入数が10億曲を突破したそうです。

ソース元:IT media
iTunes Music Store、ダウンロード購入楽曲数が10億突破

>Apple Computerの音楽サービスiTunes Music Store(iTMS)で購入された楽曲が、
>2月23日午後に10億を突破した。

記念すべき10億曲目をダウンロードした人に贈られる賞品は…。

>今回は日本も含めてキャンペーンが行われており、
>10億曲目をダウンロードした利用者には1万ドル相当のプリペイドカード、
>20インチiMac、60GバイトのiPodを10台(黒白を5個ずつ)が贈呈される。

前回も1億曲目のダウンロードには賞品が出ています。
(ちなみにそのときの賞品は、40GBのiPodと17インチPowerBook、iTunes1万曲分のギフト券)
1億曲突破が2004年の7月11日ですから、わずか1年半足らずで10億…、すごいですね。

国によっても違うと思いますが、この賞品にかかる税金はいくらなのか他人事ながら心配です。

050で着信できるSkypeIn開始

インターネットの台頭で、情報格差(デジタルデバイド)という言葉が流行りました。
ある人は、「情報の差は、財産の差につながる。」という言葉も発しています。
スカイプはまさに、そんな言葉を指し示す一例かもしれません。

ソース元:BroadBand Watch
スカイプ、050番号での着信が可能な「SkypeIn」を日本国内で提供開始

>スカイプ・テクノロジーズは、P2P電話ソフト「Skype(スカイプ)」で
>一般の固定電話や携帯電話からの通話が着信可能な
>「SkypeIn(スカイプイン)ベータ版」の日本国内での提供を開始した。
>料金は3カ月契約が1,500円、12カ月契約が4,000円。

個人よりも、従業員数が数名といった中小企業やSOHOでの導入がまず増えそうですね。

スカイプのセキュリティは完璧とはいえませんが
無線LANの使用できる範囲が拡大すると、固定電話だけでなく
携帯電話の存在も脅かすものになるでしょう。

Skypeとは 【スカイプ】 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words

マック対象のワームに2例目

もはやマックもウィンドウズと同じく
ウイルス対策がかかせないものになるかもしれません。

ソース元:WIRED NEWS
マックを狙うワーム、早くも2例目

>米シマンテック社は17日(米国時間)、『マックOS X』を標的とする
>ウイルスの2例目が見つかったと発表した。
>ブルートゥース通信で広がるワーム型ウイルスで、『OSX.Inqtana.A』と名付けている。
>氾濫する可能性は低いとみられているが、2日で2種類の登場で警戒感が強まった。

おそらく今までは、ウィンドウズを標的にするほうが最も効率の良い方法だったのでしょう。
しかしながら、ウィンドウズのセキュリティ対策が進んできたので、この分野で遅れをとる
マックに標的がシフトしたのではないかと思われます。今後も注意が必要ですね。

深夜のGoogle Maps

Google Maps Nighttime!

こうして見ると、北朝鮮の電力事情がうかがえます。
地図の右上の"Day"、"Dusk"、"Night"ボタンで昼・夕・夜の切り替え可能。

Windows XPのサポートが延長に

XPのサポートは予定よりも延長されるらしいです。

ソース元:IT media
Vistaの大幅遅延がWindows XP Homeのサポート期間を延命

>Windows XP Home Editionのサポート期間が延長され、
>後継製品となるWindows Vistaのリリース後2年間、
>継続してメインストリームサポートが提供される予定だ。

>Vistaは当初2004年にリリースが予定されていたが、
>現在のリリース予定は2006年末である。
>これは、まさにWindows XP Homeの5年間のメインストリームサポート
>(Microsoftから重要なセキュリティ更新プログラムが提供される期間)が
>終了する時期と重なる。Microsoftのサポートライフサイクルを説明するWebサイトでは、
>Windows XP Homeのメインストリームサポート期間の終了日が2006年12月31日とされていた。

つまり、要約すると

1.基本的に、旧OSのサポートは、新OSが登場してから2年後に終了する。
2.新OSであるWindows Vistaは、2004年リリース予定だった。
3.その2年後の2006年に、Windows XP(Homeの方)は、サポート終了のはずだった。
4.しかし、Windows Vistaは今現在まだリリースされていない。
5.今回、Windows XPのサポート延長が(ようやく)正式に決定された。

当初の予定通り、2006年の12月31日にサポート終了していたら、
きっと各地で暴動が起きたんじゃないですかね。

関連記事:
2007年1月24日 - Windows XPのサポートが大幅延長 割を食うのは…

どうやら、かなり大幅にXPのサポート期間は延びた模様。

次世代DVDのコピー対策は…

次世代DVDになにやら暗雲が…。

ソース元:CNET Japan
PCユーザーを混乱させる次世代DVDのコピー対策

>今年(2006年)の春に、高品位映像に対応したDVDの第一弾がついに店頭に並ぶと、
>多くの人々が店舗に殺到するかもしれない。
>ただし、来店者の目的は次世代DVDディスク自体の購入ではなく、
>それを高解像度のままで再生できるコンピュータや機器を見つけ出すことかもしれない。

>適切な端子やコピー防止機能が揃っていなければ、次世代DVDに採用される
>厳しいコンテンツ保護技術によって、映像の画質が自動的に引き下げられたり、
>場合によってはディスクの再生がまったくできなくなってしまうためだ。
>現在最も高額なコンピュータのなかにさえ、これらの仕様を満たしているものは少ない。

これらの使用を満たしているパソコンは皆無に近いですね。確かに。

>Microsoftに対し、「HDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)」という
>Intelの開発した暗号化技術に対応しないコンピュータでは、
>モニターとコンピュータとの接続を完全に遮断するという機能を、
>まもなく登場する「Windows Vista」に追加するよう働きかけている

>「HDMI」という新しい端子にはほとんど場合暗号技術が内蔵されている。
>そのため、コンピュータとモニタをこの端子に対応するケーブルで接続すれば、
>すべてが想定通りに機能する。

先日、知り合いに液晶テレビを買うときの注意点を聞かれたので
その注意点の1つに「HDCP対応かどうか」というのを挙げました。
価格の安い液晶テレビって、結構HDCP未対応だったりするので…。

ハードウェア的にコンテンツ保護機能を強化するという提供側の思惑は理解できます。
問題は、消費者側の理解と支持が得られるかどうかだと思います。
長期的視点に立てば、小中学校の道徳などの授業に、著作権保護とその重要性を説くなど
それに準じた啓蒙活動なんかに資金を拠出できないのかな?と感じます。
(初期段階では、費用対効果は薄いでしょうけど…。)

楽天は好決算だったようです。

ソース元:NIKKEI NET
楽天、前期の経常益2.3倍に・最終損益も黒字転換

>楽天が16日発表した2005年12月期の連結決算は、経常利益が2.3倍強の358億2600万円だった。
>売上高も2.8倍強の1297億7500万円と大幅に伸びた。
>最終損益も194億円の黒字(前の期は142億円の赤字)に転換した。

楽天はご存知のようにインターネット上の商店街を展開しています。
オンラインで買物といえば、楽天というぐらい認知度も抜群です。
今では当たり前のように、オンラインショッピングをする人が多いですが
一昔前は、インターネットで買物というと、かなり抵抗感のあることだったと思います。

ところで、もっと昔の買物はどうだったかのでしょうか。
鹿島 茂さんの著書「デパートを発明した夫婦」から引用すると

Googleのロゴ

最近、Googleネタばかりで、専用カテゴリを作ろうかと思う今日この頃。

Googleのロゴ:トリノオリンピックバージョン
http://www.google.com/intl/en/doodle11.html

↓こちらは過去のアテネオリンピックバージョン
http://www.google.com/doodle8.html

↓ソルトレイク
http://www.google.com/intl/en/doodle5.html

↓シドニー
http://www.google.com/intl/en/doodle3.html

↓最近のいろいろ(なぜにモーツァルトの生誕250年が…)
http://www.google.com/intl/en/holidaylogos.html

こういう会社のロゴで遊ぶという感覚は粋な感じがします。
どこか日本の企業でもやりませんかね。

ニンテンドーDSにブラウザ

任天堂恐るべし。

ソース元:Web BCN
任天堂、ニンテンドーDS用のWebブラウザやワンセグ受信カードを発表

>「ニンテンドーDSブラウザー」はノルウェーのOpera社と共同開発したもの。
>DSの2画面インターフェイスを生かし、全体表示と拡大表示ができる。
>文字入力には漢字の手書き入力で行い、文字の変換には
>ジャストシステムの「ATOK」を採用した。ソフトはDS用のカードで提供、
>内蔵する無線LAN機能を使ってインターネットに接続する。
>6月に発売を予定しており、価格は3800円。

>一方、「DS地上波デジタル放送受信カード(仮称)」は
>地上波デジタル放送のワンセグ放送受信用機器で、こちらもDS用カードで提供される。
>ブラウザ同様2画面を生かし、上部画面にはテレビ番組、下部画面には
>切り替え用のチャンネルを表示するといった使い方を想定している。

ニンテンドーDSは2画面なのが強みですよね。
デュアル表示に対応するかは知りませんが、1画面で株価チャートなんかを表示させながら
もう1画面で違う表示ができれば、サラリーマントレーダーの必須アイテムに…。

ネット接続の携帯端末にはウィルコムのW-ZERO3などがありますが
あくまで電話端末なので、ネット接続ばかりしてバッテリ消耗の結果
発着信ができなくなると電話機として困った事態になります。

無線LAN環境下では、ニンテンドーDSがネット接続携帯端末の本命になるかもしれません。

便利なショートカット技1

今日は、便利なショートカット技について解説しようと思います。

ネットを閲覧していて、よく文字の小さいページを見るときに使う技です。
この技を見た人は、かなりの確率で「今のどうやったの?」と尋ねます。

Googleの小技1

Google検索の小技の1つに、ヤマト運輸の配送状況確認があります。
Googleの検索窓に「ヤマト ○○○」と打ち込み検索をかけます。
(○○○の部分は配送伝票番号)

すると…

Google 米国シェアは約50%

アメリカではGoogleは圧倒的なシェアですね。

ソース元:WIRED NEWS
グーグル、米国ではシェア50%に迫る

>調査会社の米ニールセン・ネットレイティングス社は9日(米国時間)、
>米国の検索サービス市場では、『グーグル』のシェアが2005年12月時点で
>48.8%(前年同月は43.1%)に達したと発表した(PDF)。
>シェア2位の『ヤフー』は21.4%(同21.7%)、
>3位の『MSN』は10.9%(同14%)に減り、差が広がっている。

私も検索は、主にGoogleを利用しています。
日本では圧倒的にYahoo!じゃないかと思って調べてみました。

一番最新っぽいデータは以下のblogで発見。
日米 検索エンジンシェア

この記事の図表をみると、日本でのYahoo!のシェアは53%(2005年 1~6月)
6割以上はあるのでは?と思っていたのですが、53%とは意外な数字。

昨年の10月から日本でのYahoo!の検索表示が変わったので、変更後のシェアが
どうなっているのかが知りたいところですが、まだ該当するデータが見つかりません。

いづれにせよ、検索エンジン市場は2強の争いに絞られてきました。
今後のYahoo!とGoogleの合戦の行方はどうなるでしょうか…。

2月の月例パッチは7件

恒例のマイクロソフトのセキュリティアップデートが近づいてきました。
今月はバレンタインデーの14日です。みなさまお忘れなきよう…。

ソース元:IT media
2月のMS月例パッチは「緊急」含む7件

>更新プログラムのうち、Windows Media Player関連の1件と、
>Windows関連の4件は、最大深刻度が「緊急」となる。
>このほか「重要」レベルとしてWindows/Office関連の1件と、
>Office関連の1件をリリースする予定。
>ほとんどのアップデートで再起動が必要になる。

緊急が4件、多いですね。

サイトリニューアル

サイトを全面的にリニューアルしました。

まだまだ修正中のページもありますが、
今までは、サイト全体に統一感が欠けていましたのでリニューアルしました。
トップページにテーブルレイアウトが復活したり、画像が多くなったので
容量は増えてしまいましたが、今後ともよろしくお願いいたします。

iPodへの挑戦

今や携帯音楽プレーヤーの代名詞といえば「iPod」。
この牙城に切り込んでいくメーカーにマイクロソフトはなりえるのでしょうか。

ソース元:ロイター
米マイクロソフトのゲイツ会長、「iPod」対抗機の開発に意欲

>ゲイツ会長は学生向けの講演の中で
>「今マーケットに出ている物が最終的な答えだとは思わない」とし、
>「われわれとパートナーが、向こう数年のうちに
>ホットな製品を送り出すことを期待していて欲しい」と述べた。

アップルの強みは、ソフトとハードの融合が巧みなことにあります。
iTunesとiPodとの組み合わせはもちろん、音楽コンテンツの販売も手がけていますので
全く持って見事なビジネスのお手本です。(ソニーもチャンスはあったと思いますが…。)

Xboxなどを見る限り、ハード面でのマイクロソフトは、いまいちな印象が拭えません。
ここで巻き返しができるかどうか、注目したいと思います。

リラックマのMP3プレーヤー

昨日のリラックマ記事つながりで、またリラックマの話題。

ソース元:RBB TODAY
トミー、癒しキャラ「リラックマ」をデザインした128Mバイトメモリープレーヤーを発売

128MBって…、少ないなぁ。

【送料無料】【おまけつき】キャラチューン リラックマ予約開始です。

もっと容量があれば買うのに…。

リラックマの壁紙

癒しの壁紙です。
最近お疲れ気味の方に、プレゼントしてあげるといいかも。

http://www.san-x.co.jp/charapri/images/kabe/rirakkuma/01_1024_768.gif
http://www.san-x.co.jp/charapri/images/kabe/rirakkuma/03_1024_768.gif
http://www.san-x.co.jp/charapri/images/kabe/rirakkuma/02_1024_768.gif

↓ここから他の壁紙(800×600、1024×768、1280×1024の3サイズ)も入手できます。

San-Xネット キャラプリ倶楽部

↓このおやすみシリーズはかわいいなぁ

リラックマ プチタオル (75901) ♪お手ごろ価格で持ち歩きに便利なサイズのプチタオルです...

IE 7はページ拡大可

これは便利な機能ですね。

ソース元:IT media
IE 7にページズーム機能

>MicrosoftはInternet Explorer(IE)7に、Webページをズーム表示できる新機能
>「Page Zoom」を追加した。IE開発チームが明らかにした。
>
>同チームの開発者はブログの中で、この機能を追加した理由として、
>約4人に1人が視力に問題を抱えているという調査結果を挙げている。
>「わたしはたまたまその25%の中の1人だ。だからこの機能でWebが
>読みやすくなることがとてもうれしい」とこの開発者は述べている。

文字の大きさは、ブラウザの設定で変えることができます。
しかし、ページのレイアウトが崩れることを嫌うデザイナーは
文字の大きさを固定してしまう傾向にあります。
その結果、最近は大きさの変更できない文字が多いサイトが増えてきているように感じます。
(このBlogも固定フォントですが…。)

このズーム機能が実装されれば、レイアウトが崩れることなく拡大できるそうです。
まぁ、エクセルやワードなんかでもズーム機能は昔からありますからね。
逆になぜ今までブラウザに付いてないのかが疑問でした。
(※今でもJavascriptを使えば、単純に拡大縮小できますけどね。)

 ← 好きな%を選んでください。

【全国送料無料】日本ヒューレット・パッカード 15型ノートパソコン レガシーI/F標準装備 [PC41...

GoogleとDellが提携?

なんでもDellのパソコンにGoogleのソフトウェアを
プリインストールするテストを実施中とのこと。

ソース元:IT media
GoogleとDellの「実験」で、MSのデスクトップ覇権に暗雲

>米DellとGoogleは2月7日、DellのコンピュータにGoogleソフトパッケージを
>プリインストールするテストを実施中だと認めた。デスクトップソフトを
>独占するMicrosoftにとって打撃となるかもしれない。
>
>世界最大のPCメーカー、Dell広報のボブ・カウフマン氏によると、
>DellはGoogleソフトの評価に当たっている。このソフトではPCユーザーが、
>Webの情報と自分のPCに保存された情報の両方を検索できる。

なるほど。

>Googleは既に、HP、Gateway、ソニー、Apple Computer、東芝といったPCメーカーとの間で、
>Google Toolbar配布に関する提携を結んでいるとマーチンソン氏。

主要なメーカーは、ほぼ抑えていますね。

これって、Microsoftへの打撃よりも、Yahoo!の方が打撃のような気がします。

Googleはいろんな意味で凄いなぁと思うニュースがありました。

ソース元:IT media
BMWとリコーの独サイト、SEO対策問題でGoogle検索から削除

>ドイツのBMWサイト「BMW.de」が、SEO(検索エンジン最適化)対策に関する規律違反で
>Googleの検索対象から外された。リコーのドイツ語サイト「ricoh.de」も同様の理由で
>近くGoogleインデックスから削除する予定だという。Googleエンジニアの
>マット・カッツ氏が自身のブログで明らかにした。

SEOというのは、かなり乱暴に解説するとYahoo!やGoogleなどの検索エンジンで
上位にランクインさせることを指します。

例えば、自動車メーカーなどの企業は、「車」や「自動車」というキーワードで検索された場合、
自分のWebサイトが1番最初に表示されると、そのWebサイトに大きな集客が見込めることになります。
反対に検索順位結果が100番目とか200番目だったりすると、ほとんど集客が見込めません。

その結果、特に商用のWebサイトの場合、少しでも検索結果が上位にいくように
SEO対策にしのぎを削ることになります。

不正な行為によって、順位を上げるサイトも出現しますが、
当然、検索エンジン側もこういった不正には目を光らせています。
1番重い罰則は、そのサイトを検索対象から外すことです。

そういった意味では、今回Googleの下した判断は、かなり厳正なもののようです。
BMWやリコーなどの有名企業にさえ、こういった罰則を与える予定なのですから
個人サイトの場合は何をか言わんやという感じです。

モバイル用ウイルス対策

いろんな分野でセキュリティの重要性が増しています。
ウイルス対策メーカーは、市場規模の拡大で笑いが止まらないかもしれません。

ソース元:BroadBand Watch
シマンテック、W-ZERO3対応の法人向けモバイル機器ウイルス対策ソフト

>シマンテックは、モバイル機器向けの法人用ウイルス対策ソフト
>「Symantec AntiVirus for Handhelds Corporate Edition 3.5」を発表した。
>ウィルコムのW-ZERO3も対応しており、価格は10~24ライセンスの場合で
>1ユーザーにつき4,900円から。

ウィルコムのW-ZERO3にも対応しているそうです。そのウィルコムといえば

ソース元:IT Media
ウィルコムが8万増、携帯キャリアの純増数に迫る勢い~1月契約者数

ボーダフォンの4倍以上の純増です。
W-ZERO3のような機器は、PHSの得意とするところなので、このような端末が増えそうです。

シマンテックは着眼点と素早いアクションが良いですね。

Webと6年1組

人に何かをわかりやすく説明する能力というのは
社会にとって、とても有意義な能力だと常々感じています。

私も職場やプライベートなどで、インターネット(Web)に関して
何度も説明をする機会がありましたが、このINTERNET Watchの小林祐一郎さんの記事には脱帽です。

この記事では、Webの世界を「6年1組」という喩えを用いて秀逸に解説されています。

INTERNET Watch:今日から始める!Web2.0超入門講座 第2回
http://internet.watch.impress.co.jp/static/column/web20/2006/02/06/

当blogでも1月31日に、第1回の講座を紹介させていただきました。
そのときから、その内容のわかりやすさに感心し、次回を期待していました。
そして、その期待以上に、秀逸な内容でした。

私も見習わなければ…。

検索のand,or,not

今日は趣向を変えまして、検索エンジンの話題を。

ネット上で何か調べ物をする場合、Yahoo!やGoogleなど
いわゆる「検索エンジン」を使って検索をするかと思います。

今回は、検索エンジンの「AND」「OR」「NOT」検索について解説します。

ネットと旅行ビジネス

今日、日経を見ると、宿泊予約サイトの一休.comについての記事がありました。

ソース元:NIKKEI NET
一休、今期末に初配当へ

>宿泊予約サイト運営の一休は3日、2006年3月期末に20%の配当性向をメドに
>初の配当を実施する方針を発表した。今期の単独純利益は前期比60%増の6億9300万円
>を見込んでおり、これを基に計算すると、配当額は1株1400円程度になるとみられる。

一休は、高級宿泊施設に強いとされる宿泊予約サイトだけに
きっと利益率も高いのではと想像します。

そもそも旅行(宿泊予約)とインターネットは相性の良い組み合わせです。
宿泊予約サイトの源流をたどると「旅の窓口」があります。

「旅の窓口」を運営するマイトリップ・ネット社は、
親会社の日立造船の社内ベンチャーから生まれた子会社です。
もともと社員の出張向けに宿泊予約システムを社内で構築したものなので
ビジネスマン向けの出張などに強みを発揮していました。

1996年から予約を開始し、当初1ヶ月の予約件数は3桁にも届かない数字でしたが
その後の7年間で会員数約320万人、登録宿泊施設約12000件という規模まで成長しました。
旧来の大手旅行会社や宿泊施設に電話で問い合わせる直接予約から
ネットを介した新たなビジネスモデルの誕生です。

このマイトリップ・ネット社を2003年、323億円もの巨費を投じて買収したのが
みなさんご存知の楽天です。今では楽天トラベルとして統合されています。

その時期の日立造船は、株価が一時50円を割るくらい低迷していたこともあって
優良子会社であるマイトリップ・ネットを手放さざるを得ない状況だったのでしょうが
その後の造船業の活況を考えると、日立造船としてはもったいない、また楽天としては
絶好の買い時をものにしたと(素人の意見ですが、)言えるかも知れません。

楽天は、もともと旅の窓口の買収を狙っていて、日立造船が手放さないとみると
旅の窓口を立ち上げたメンバーを引き抜いて、楽天トラベルを創設するなど
まるでGoogleやMicrosoftのような手段を講じていましたので、結果的に買収が成功し
宿泊予約サイト最大手になったのは、悲願と言うより執念とも言えそうです。

今後の宿泊予約サイトの動向に注目です。

2005年の国内PC市場は…

ガートナージャパンのニュースリリースにて
2005年の国内パソコン市場の出荷速報(暫定値)が発表されました。
(ガートナージャパンのサイト下の「お知らせ」で、PDF資料として見ることができます。)

ネットを使った情報収集術

Webサイト運営やblogのネタ探しに、私が使っている手段の1つに
Googleアラート(ベータ版)というサービスがあります。

ネットで速報性の高いニュースに触れる

というページを作成しておりますが、そのページの1番最初に、
Google ニュース 日本語版を紹介しています。

そのGoogleニュースには、ニュースアラートというサービスがあります。
あらかじめ指定したキーワードに該当するニュース記事が、オンライン上に
配信されたときに、登録したメールアドレスに送信されるというサービスです。

例えば、"パソコン"というキーワードを指定しておけば、パソコンに関連する
ニュース記事が自動的に、登録されたメールアドレスまで届くというわけです。

指定するキーワードは、1個しか登録できませんが、複数回に分けて登録可能なので
実質的には、いくつものキーワードを指定できます。(入力は面倒ですが…。)

配信頻度なども選択可能ですので、ご興味のある方はご活用ください。

Googleアラート

Internet Explorer 7 Beta2公開

ついにInternet Explorer 7のベータ版が一般利用者もダウンロード可能に。

ソース元:INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/02/01/10712.html

・セキュリティ機能の強化
・タブブラウジング
・RSSフィード

といったところが、Web閲覧に関して注目するところでしょう。

Web製作の視点に立つと、CSS関連のバグ修正やPNGフォーマットのアルファチャネルをサポート、
Ajaxアプリケーションの互換性向上などが注目。
これによって、デザイン性の高いWebサイトや使い勝手の向上したサイトが増えると
Webサイトを閲覧する側にとっても、有益なことになりそうです。

1月16日の記事ブラウザの世界シェア10%目前 Firefox
IE7がリリースされたら、またIEがブラウザシェアを盛り返すかも…と書きましたが
正式にIE7がリリースされると、シェアが伸びると確信できるぐらい有益な機能が付いていますね。

書込み型ドライブ全図解

パソコンの書込み型ドライブについての解説コンテンツを作りました。

光学ドライブの見分け方

CDの書き込みメディアの規格は統一されていますが
DVDの書き込みメディアの規格は乱立しています。

個人的には、DVD規格の多様性は認めてはいます。
しかしながら、あんまりこの手の類に興味のない方々には
わかりにくいことこの上ないでしょう。
そこに次世代記録型ディスクの覇権争いもすぐそこに…。

ソース元:IT Pro
HD DVD先行逃げ切りは成功するか?

ソース元:IT media
すでに“ある”ことが評価されたBlu-ray Disc

昔、ハードディスク容量が1GBを超えたときに
「そのうち10GBのハードディスクとかでるかもね。」と友人達と笑いあっていたのですが
10GBを超える記録型ディスクが市販される時代になってしまいました。

Blu-rayとHD DVDのどちらが勝者になるのでしょう。
はたまた共存の道を歩むのでしょうか。